エンジニアリング

Elasticsearchで日本語のサジェストの機能を実装する

Elasticは、Elastic Cloudのトラフィックを管理する新機能を発表いたしました。Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、およびMicrosoft AzureのElastic CloudデプロイにIPフィルタリングを設定したり、AWS PrivateLink統合を活用できます。..

Elasticセキュリティは、検知ルール用のレポジトリをグローバルに公開しました。コミュニティと協働でルールをオープンに開発し、コミュニティ主導の検知を推進していく場となります。またこのレポジトリは、セキュリティについて知識を集団的に共有する機会を創出します。

Elastic Stackの新機能のテスト中に、特定のLinuxカーネルでSSDディスクに影響するLinuxカーネルバグが発見されました。この調査の内容と、調査を支援してくださった親身なパートナー、Google Cloud、ならびにCanonicalと協働した成果についてご紹介します。

エンジニアリング

Elastic Stackで構築する通信オブザーバビリティ - 音声トラフィックデータを監視する

App Searchの分析機能を使うと、エンドユーザーが行った検索について有用なインサイトを取得できます。またApp Searchには、インサイトに基づいて検索エクスペリエンスを手軽に調整する機能も搭載されています。

Elasticのプロダクトなら数クリックの操作で、あらゆるトランザクションについてエンドユーザーが行った特定のリクエストに関連するログを表示できます。

さまざまなメリットをもたらすAPIです。Elasticのコマンドラインツールであるecctlと組み合わせて、デプロイを作成、管理することもできます。

エンジニアリング

Elasticオブザーバビリティで実施するSREとインシデントレスポンス

Elasticsearch 7.7では、以前のバージョンに比べてヒープ領域の使用量が大きく減少します。この進化はElasticsearchクラスターの安定性を高め、大きなサイズのデータを格納する際のコスト抑制に貢献します。

エフォートレスなカスタマーサービスエクスペリエンスを叶える、Elasticエンタープライズサーチ。高速かつ関連性にすぐれ、スケーラブルです。エンドユーザーを支援しながら、担当者に役立つ情報を使いやすくするソリューションの導入方法をご紹介します。

Elasticsearchをデプロイするシナリオに1つとして同じものはありませんが、あらゆるシナリオで、データロス、パフォーマンス、ダウンタイムという3要素をかならず考慮する必要があります。プロジェクトの許容度に応じて、アーキテクチャーを設計、調整する方法をご紹介します。