著者

記事執筆者 Brian Bergholm

プリンシパルプロダクトマーケティングマネージャー, Elastic

ブライアン・バーグホルムはElasticのGo-To-Marketチームでプリンシパルプロダクトマーケティングマネージャーを務めています。Elastic Cloud、パートナーマーケティング、およびハイパースケーラーマーケットプレイスの専門家です。

テレコム、ソフトウェア、および専門サービスの分野で20年以上の経験を持っています。直近ではMicrosoftに15年間勤務し、グローバル製品マーケティング、販売促進、ローンチマネジメント、統合マーケティングなど、様々な役割を担ってきました。在職中は、Office 365、Windows 10、およびAzure Marketplaceなど、多数の製品のローンチをサポートしました。その後、重要な答えを見つけるための検索の力に惹かれElasticに入社しました。

Videos

Elastic 8.14:分析を簡素化するElasticsearch Query Language(ES|QL)の一般公開

Elastic 8.14には、Elasticsearchでの革新的かつ効率的なデータ分析方法であるES|QLの一般公開、ベクトル検索の改善、新しい生成AIによるAttack Discoveryセキュリティ機能などが含まれています。

Videos

Elastic 8.13:Amazon Bedrockに対応したAI Assistant for ObservabilityがGAに

Elastic 8.13には、Elastic AI Assistant for ObservabilityにおけるAmazon BedrockサポートのGA、新しいベクトル検索構成、Logstash用の新しい統合フィルタープラグインなどが含まれています。

Videos

Elastic 8.12:AI Assistant for ObservabilityがGA、Apache Lucene 9.9を更新

Elastic 8.12には、GAとなったElastic AI Assistant for Observability、新たにスカラー量子化に対応したApache Lucene 9.9、強化した機械学習機能、Microsoft Azure向けのCSPM統合、改良したElastic Agentなどが含まれています。

Videos

Elastic 8.11:ES|QLがプレビュー、Elastic Learned Sparse EncodeRがGAに

Elastic 8.11では、一般公開を迎えたElastic Learned Sparse EncodeR(ELSER)、テクニカルプレビュー版のES|QL、Amazon BedrockをサポートしたElastic AI Assistant、ベクトル検索の機能を強化したElasticsearch Relevance Engine(ESRE)などを提供します。

Videos

Elastic 8.10:強化されたクラスター横断検索とElastic AI Assistant for Securityの一般公開

Elastic 8.10では、クラスター横断検索(CCS)の機能強化、GAに移行したElastic AI Assistant for Security、インストルメンテーションが不要なインフラのパフォーマンスの可視化を実現する、GAに移行したユニバーサルプロファイリング(Elasticオブザーバビリティ)といった注目すべき機能が導入されています。

Videos

Elastic 8.9:Elastic AI Assistant for SecurityとML駆動型SIEMのご紹介

Elastic 8.9では、検索パフォーマンスの高速化、SIEM機能の強化、生成AIでセキュリティチームの能力を高められるElastic AI Assistantのベータ版、ハイブリッド検索に対応したReciprocal Rank Fusionのテクニカルプレビューといった注目すべき機能が導入されています。

Videos

Elasticは、8.8で、新しいLearned Sparse Encoderモデルを導入し、シンセティック監視の一般公開を発表

Elastic 8.8には、Elasticの新しいLearned Sparse Encoderモデル、一般提供のシンセティック監視とElasticネイティブコネクター、Amazon Kinesis Data Firehoseを介したElastic Cloudへのログの直接取り込みなどが搭載されています。