Company news

Learn more about Elastic partnerships, announcements, awards, and more.

「Elastic Japan 2021 パートナーデー」を開催しました!

3月4日開催のElastic Japan パートナーデーのイベントにて、2021年度 Elasticのソリューション展開に最も貢献いただいたパートナーさまを表彰する「Elastic Japan パートナーアワード 2021」が発表されました。

ElasticとAmazon、商標侵害訴訟で和解

「Elasticsearch」という名称に関連し、ElasticのAmazonに対する商標侵害訴訟が解決に至りましたことをご報告いたします。現在、AWSおよびAWS Marketplaceで、サービスとして提供される唯一のElasticsearchがElastic Cloudです。

業界初のForrester XDRレポート、Elasticを選出

eXtended Detection and Response市場を分析した業界初のレポート、Forrester New Wave for XDRにElasticセキュリティが選出されました。

Videos

Limitless XDRをリリース ― セキュリティデータを自由にインジェスト、保持、分析

ElasticのLimitless XDRはセキュリティオペレーションをモダナイズし、全データにわたる分析と主要なプロセスの自動化を実現して、すべてのホストに防御と修復機能を提供します。

Videos

社内の重要なコンテンツを探す作業は、社員にとって大きな課題です ― 解決策として、“優れた検索機能”を構築しましょう

最近の調査によって、社員が業務の遂行に必要なデータを見つけることができず、時間やビジネスの機会を失っていることが明らかになりました。特に、就業環境が分散されている場合に大きな問題となっています。

Videos

Elastic、APM市場の2021 Gartner Magic Quadrantで「Visionary」評価を獲得

Elasticはアプリケーションパフォーマンス監視市場の2021 Gartner Magic Quadrantで「Visionary」に選出されました。無料のレポートを今すぐダウンロードして、評価の理由をご確認ください。

Videos

CIOとしてビジネスレジリエンスを高めるには:人を中心に考える

Forrester Consultingが新たに実施した調査から、適応性の重要性が明らかになりました。グローバルIT担当副社長を務めるキム・ハフマンによれば、レジリエンスの高いビジネスを構築するには、CIOがテクノロジーに関する意思決定を下す際に従業員エクスペリエンスを重視する必要があります。

Videos

Elasticは2021 Gartner Magic Quadrant for Insight Enginesで「Challenger」に認定

Elasticは2021 Gartner Magic Quadrant for Insight Enginesに新しく選出され、「Challenger」の認定を受けました。評価レポートをダウンロードして、Elasticが検索ソリューションの現状を変えつつあると言える理由をご覧ください。

Videos

Elastic + Grafana Labsのパートナーシップに基づき、Grafana Elasticsearchオフィシャルプラグインが登場

ElasticはGrafana Labsとのパートナーシップを通じて、オフィシャルのGrafana Elasticsearchプラグインをリリースしました。このプラグインを使うと、Grafanaの可視化プラットフォームと、Elasticsearchの完全な機能という2つのメリットを同時に活用することができます。

Videos

Elasticサポートポータルへのアクセス手順変更のご案内

On February 16, 2021, the existing Support Portal (support.elastic.co) will merge user accounts with Elastic Cloud to enable central authorization and create a single sign on experience between Elastic Cloud and our Support Portal.

Videos

「Elastic Japan パートナーアワード 2020」を開催しました!

Videos

シンプル&寛容になったElastic License v2の導入と、オプションのSSPLの維持について