Kibanaの機能

KibanaでElasticsearchのデータを可視化したり、Elastic Stackをさらに活用したりしてみましょう。午前2時に呼び出された理由をすばやく把握することから、四半期の売上に雨が及ぼす影響を予測することもできます。

SignUpCTA

探索と可視化

探索と可視化

可視化

データには力強いストーリーがあります。わかりやすく示すために、ポイントとなるのが形式です。Kibanaには、チャート、表、マップをはじめ、データをライブで表示するためのあらゆるツールが揃っています。

Kibana Lens

Kibana LensのUIは使いやすく、直感的。ドラッグ&ドロップの簡単な操作で、データの可視化プロセスをシンプルにします。何十億のログ行を探索する場合も、Webサイトトラフィックに潜む傾向を特定する場合も、Lensなら数クリックでデータのインサイトを入手できます。Kibanaの使用経験も、知識も必要ありません。

Kibana Lensについて詳しくはこちらをご覧ください。

時系列ビジュアルビルダー

時系列ビジュアルビルダー(Time Series Visual Builder、TSVB)Elasticsearchのアグリゲーションフレームワークを最大に活用しています。無限のアグリゲーションとパイプラインアグリゲーションを組み合わせ、複雑なデータを有意義な手法で表示します。

TSVBについてさらに詳しく

地理空間分析

Elastic Stackを使う現場にたびたび登場するのが、「どこで?」という問いです。攻撃者からネットワークを保護するときも、特定の地域でアプリのレスポンスが低速化するときも、タクシーで帰宅するときでさえ、地理データの検索が重要な役割を果たします。

地理空間分析とマップについてさらに詳しく

チャート

線グラフ、エリアチャート、棒グラフは、X軸/Y軸上にデータをプロットする場合に使用します。ヒートマップは、色とグラデーションを使用して、行列に含まれる個々の数値を視覚的に表現します。円グラフは、ドーナツ状で使ってもOK。パイやドーナツを切り分けて、割合を表します。

メトリック

メトリックビジュアライゼーションは、アグリゲーションの実行結果を1つの数字で表します。たとえば回数、平均、合計、最小/最大、標準偏差、パーセンタイルなどでメトリックを表示します。

メトリックビジュアライゼーションについてさらに詳しく

データ表

データを表示する最も一般的な形式の1つが表です。データをタイムリーにキャッチするデータ表を設定したり、ライブデータと同期させて、「いま何が起きているか」が一目でわかる動的な表を作成してみましょう。

データ表についてさらに詳しく

タグクラウド

タグクラウドによる可視化でテキストデータ、典型的にはフリーフォームテキストを表現できます。通常、タグは1つの単語です。メトリックアグリゲーション(集計、平均、合計など)によって重要度が定義され、重要度に応じて異なるフォントサイズや色で表現されます。

タグクラウドについてさらに詳しく

Vega(カスタム)

VegaやVega-Liteで、JavaScript使わずに可視化をカスタマイズすることができます。クエリ1つでElasticsearchから取得したデータや、複数のデータソースから来るデータを、Kibanaで可視化してみましょう。単独の可視化にも、マップ上に作成する可視化にも対応しています。

Vegaビジュアライゼーションについてさらに詳しく

Kibanaプラグイン

コミュニティ発のプラグインモジュールで、さらにたくさんの機能をKibanaに追加してみましょう。オープンソースのプラグインを、幅広いアプリや機能拡張、可視化などで使うことができます。次のようなプラグインがあります。

Kibanaで使えるプラグインを探す
  • Vegaビジュアライゼーション

  • Prometheus exporter

  • 3Dチャートとグラフ

  • カレンダー可視化

  • 他多数

Canvas

Canvasは、データを美しく表現する新しい手法です。Canvasは、データを色や形、テキスト、ユーザーの想像力と結びつけます。動的でマルチページ、ピクセルパーフェクトなデータ表現は、大型ディスプレイへの表示にも最適です。

Canvasについてさらに詳しく

探索と可視化

データ探索

Kibanaに内蔵のダッシュボードなら、イベント処理と並行してネットワークフローデータを探索し、可視化することができます。いくつかのフィルターを設定し、詳細を辿るだけでデータの深層に潜むインサイトを入手することができます。

ダッシュボード

Kibanaのダッシュボードは可視化や検索のコレクションを表示します。ダッシュボードのコンテンツを思いのままにアレンジ、サイズ調整、編集することができ、保存後に共有することもできます。

Kibanaのダッシュボードについてさらに詳しく

ディスカバー

ディスカバーは、Kibanaが提供するデータ探索機能です。指定したインデックスパターンにマッチする全インデックスで、すべてのドキュメントにアクセスすることができます。検索クエリを送信する、検索結果を絞り込む、ドキュメントデータを表示するといった操作を行うことができます。また検索クエリに一致するドキュメントの数を確認したり、フィールド値の統計を取得することも可能です。たとえば指定したインデックスパターンに"time"フィールドを設定している場合、時間の経過とともに、取得したドキュメントがページ上部にヒストグラムで表示されます。

ディスカバーについてさらに詳しく

コンソールインターフェース

[コンソール]はKibanaが開発ツールの1つです。cURL風の構文でElasticsearchに送るリクエストを作成したり、リクエストへのレスポンスを表示することができます。

コンソールについてさらに詳しく

Graph分析

Graph分析オプションで、Elasticsearchインデックスにある項目同士の関わりを見つけ出すことができます。インデックスされたターム同士の関係性を探索し、どの関係性が最も重要か確かめましょう。不正検知から"おすすめ"を提案するエンジンまで、幅広いアプリに役立てることができます。

Graph分析についてさらに詳しく

探索と可視化

事前設定済みダッシュボード

ログやメトリックの分析にElastic Stackを使っている場合は、一般的な多数のデータソースに対応する事前設定済みダッシュボードも最大に活用しましょう。多彩なダッシュボードが揃うKibanaでは、使いはじめた瞬間からプロフェッショナルで美しい成果物を作成できます。

Webサーバーモジュール

Apache、NGINX、IIS、HAProxyほか、多数のサンプルダッシュボードがあります。Kibanaで、お使いのWebサーバーのログデータシステムメトリックの監視を手軽にはじめることができます。事前構成済みのダッシュボードではじめて必要に応じてカスタマイズするスタイルなら、セットアップに時間がかかりません。

データベースモジュール

MySQL、MongoDB、PostgreSQL、Microsoft SQLをはじめ、豊富なサンプルダッシュボードがあります。データベースの監視のほか、システムログデータシステムメトリックのキューイングも、Kibanaで手軽にはじめることができます。事前構成済みのダッシュボードではじめて必要に応じてカスタマイズするスタイルなら、セットアップに時間がかかりません。

インフラモジュール

system、Kubernetes、Docker、Windows、auditd、journaldなど、多数のサンプルダッシュボードがあります。Kibanaで、お使いのサーバーの監視を気軽にはじめることができます。事前構成済みのダッシュボードではじめて必要に応じてカスタマイズするスタイルなら、セットアップに時間がかかりません。

インフラ監視についてさらに詳しく

探索と可視化

共有と共同作業

Kibanaで可視化したデータを上司やチームに共有しましょう。上司の上司や、クライアント、コンプライアンス管理者、ビジネスパートナーまで、共有したい相手に簡単にシェアできます。ダッシュボードへの埋め込みや、リンクでの共有、PDFやPNG、CSVへの出力まで、共有のオプションも豊富。KibanaのSpacesが、ダッシュボードや可視化レポートの管理をサポートします。

埋込ダッシュボード

Kibanaなら、ダッシュボード関連の操作も簡単です。ダッシュボードのリンクを共有したり、Webページにiframeでダッシュボードを埋め込んだりでき、ライブデータのダッシュボードにも、現在時の静的なスナップショットにも対応しています。

ダッシュボードの埋込と共有についてさらに詳しく

ダッシュボードオンリーモード

内蔵のkibana_dashboard_only_user built-inロールを使用して、ログインしたユーザーがKibanaに表示できるコンテンツを制限できます。Kibanaのkibana_dashboard_only_userロールには、読み取り限定のアクセス許可が事前設定されています。このロールのユーザーがダッシュボードを開くと閲覧エクスペリエンスに制約があり、[編集]や[作成]のメニューは非表示になっています。

ダッシュボードオンリーモードについてさらに詳しく

Space

KibanaのSpaceを使用して、ダッシュボードやその他の保存済みオブジェクトを、わかりやすいカテゴリー別に整理することができます。いずれかのspaceを開くと、そのspaceに保存されているダッシュボードとオブジェクトだけが表示されます。セキュリティ面でも役立ちます。ユーザーからspaceへのアクセス権限を個別に制御できる、追加の保護レイヤーとして機能します。

Spaceについてさらに詳しく

PDF/PNGレポート

Kibanaの可視化やダッシュボードは、すばやくレポート生成してPDFやPNGに保存することができます。オンデマンドでレポートを取得したり、後で生成するようにスケジュール設定したり、特定の条件で生成されるように設定できるほか、関係者との自動共有も設定できます。

Reportingについてさらに詳しく

CSVファイルへのエクスポート

[ディスカバー]に保存した検索をCSVファイルにエクスポートし、外部のテキストエディターで使うことができます。

保存した検索のエクスポートについてさらに詳しく

保存済みオブジェクトのインポート/エクスポート

保存済みオブジェクトをKibanaで直接表示、編集、削除、インポート/エクスポートできます。検索や可視化、ダッシュボードやインデックスパターンも、保存済みオブジェクトとして扱うことができます。

保存済みオブジェクトについてさらに詳しく

探索と可視化

機械学習

Elasticの機械学習は、トレンドや周期性などからデータの振る舞いを自動的に、リアルタイムにモデル化し、すばやく問題を特定して原因分析を手助けします。さらに、誤検出を防ぎます。

時系列データの将来予測

ElasticのMachine Learningは、データの正常な振る舞いのベースラインを作成します。この情報を活用すれば、未来の振る舞いを予測することもできます。未来の特定の日時の数値を予測する、あるいは時系列中の値が未来に再び発生する可能性を見積もる、といった使い方が可能です。

未来予測についてさらに詳しく

時系列データの異常検知

ElasticのMachine Learningオプションは、データの正常な振る舞いの正確なベースラインを作成し、異常なパターンを特定することによって時系列データ分析を自動化します。異常が検知され、スコア付けされるだけではありません。Machine Learningの専有アルゴリズムを使用してデータ中の顕著なインフルエンサーへのリンク付けまで実行します。

異常検知についてさらに詳しく
  • 数値や回数、頻度における一時的な偏差に関連する異常

  • 統計的稀出性

  • データ母集団における稀な振る舞い

異常の通知

アラートに教師なしの機械学習を組み合わせて、ルールや閾値の定義が難しい異常を検知しましょう。アラートフレームワークの異常スコアを活用し、問題が発生した場合に通知を受け取ることができます。

アラートについてさらに詳しく

占有数解析

Elasticの機械学習機能は、指定した期間について"典型的"なユーザーやマシン、他のエンティティのプロファイルを構築します。そこから、母体データと比較して異常に振る舞う「外れ値」を特定することができます。

占有数解析についてさらに詳しく

ログメッセージの分類

アプリのログイベントは構造化されていないことが多く、また変数データを含むこともあります。ElasticのElasticのMachine Learningオプションは、メッセージの静的な部分とクラスターの類似メッセーを同時に観測し、カテゴリ別に分類します。

ログメッセージの分類についてさらに詳しく

原因分析

異常が検出された瞬間から、Elasticの機械学習は大きな影響を及ぼす要因の特定に向けて動き出します。たとえば、トランザクションに異常がある場合、問題の原因となっているクラッシュしたサーバーや、設定に誤りのあるスイッチをすばやく特定することができます。

原因分析についてさらに詳しく

データビジュアライザー

データビジュアライザーはElasticsearchデータを深く理解する上で役立ちます。ログファイル、または既存のインデックスのメトリックやフィールドを解析し、機械学習分析に使用できるフィールドを特定することもできます。

データビジュアライザーについてさらに詳しく

推定

推定により、リグレッションや分類などの教師あり機械学習プロセスをバッチ分析だけでなく、連続的に実行することができます。教育済み機械学習モデルを流入データに使えるのも、推定のおかげです。

推定についてさらに詳しく

言語の特定

言語特定とは、訓練済みモデルを使ってテキストの言語を特定することです。推定プロセッサー内の言語特定モデルを参照することができます。

言語特定についてさらに詳しく

管理と監視

管理と監視

セキュリティ

適切なユーザーに適切なアクセス権限を付与する機能、それがElastic Stackのセキュリティオプションです。たとえばIT部門や事業部、アプリ開発チームごとに善意のユーザーを管理することで、不正な侵入を防ぐことができます。また、お客様や経営陣にも個別の権限を付与して、Elastic Stackのデータを安全に、安心して共有できます。

Spaceを安全に保つ

KibanaのSpaceを使用して、ダッシュボードやその他の保存済みオブジェクトを、わかりやすいカテゴリー別に整理することができます。いずれかのspaceを開くと、そのspaceに保存されているダッシュボードとオブジェクトだけが表示されます。セキュリティ面でも役立ちます。ユーザーからspaceへのアクセス権限を個別に制御できる、追加の保護レイヤーとして機能します。

Spaceについてさらに詳しく

通信の暗号化

SSL/TLSを用いたトラフィック暗号化や、ノード認証証明書をはじめとするテクノロジーで、Elasticsearchノードのデータに対するネットワークベースの攻撃を阻止しています。

通信の暗号化についてさらに詳しく

ロールベースのアクセス制御(RBAC)

ロールベースのアクセス制御は、ユーザーやグループにロールをアサインし、さらにロールに応じた権限をアサインしてユーザーのアクセス権を設定する機能です。

RBACについてさらに詳しく

フィールドとドキュメントレベルのセキュリティ

フィールドレベルのセキュリティ対策で、ユーザーが読み取りアクセスを持つフィールドを制限します。ドキュメントベースの読み取りAPIで、どのフィールドにアクセスを許可するか定めることが可能です。

フィールドレベルのセキュリティについてさらに詳しく

ドキュメントレベルのセキュリティ対策で、ユーザーが読み取りアクセスを持つドキュメントを制限します。ドキュメントベースの読み取りAPIで、どのドキュメントにアクセスを許可するか定めることが可能です。

ドキュメントレベルのセキュリティについてさらに詳しく

セキュリティレルム

Elastic StackのSecurityオプションで実行されるユーザー認証は、レルムと、1つ以上のトークンに基づく認証サービスを使用します。レルムは認証トークンに基づいてユーザーを解決、認証する役割を果たします。Elastic StackのSecurityオプションで、多数の内蔵型レルムが提供されています。

セキュリティレルムについてさらに詳しく

シングルサインオン(SSO)

Elastic StackはバックエンドサービスにElasticsearchを使用しており、KibanaへのSAMLシングルサインオン(SSO)に対応しています。SAML認証の導入で、OktaやAuth0といった外部IDプロバイダーを使ったKibanaへのログインが可能になります。

SSOについてさらに詳しく

Security API

ロール管理APIを使用して、Kibana上の権限を付与するロールを管理できます。このようなエンドポイントに、Kibanaのコンソールからアクセスすることはできません。

ロール管理APIについてさらに詳しく

管理と監視

管理

豊富な管理ツール、UI、APIが揃っており、Elastic Stackのデータやユーザー、クラスター、運用などを完全に制御できます。

ダークテーマ

Kibanaはデフォルトでライトテーマに設定されていますが、spaceレベルで簡単にダークテーマに切り替えることができます。お好みで、作業しやすいモードをお使いいただけます。

インデックスパターン

インデックスパターンは、Kibanaでのデータ探索で対象とする1つ以上のElasticsearchインデックスを定義します。Kibanaは指定されたパターンにマッチするインデックス名を見つけます。パターンに含まれているアスタリスク(*)は、0個以上の文字とマッチします。たとえばmyindex-*というパターンは、myindex-1myindex-2など、名前がmyindex-ではじまるすべてのインデックスにマッチします。

インデックスパターンについてさらに詳しく

インデックスライフサイクル管理

インデックスライフサイクル管理(ILM)は、4つある各フェーズにインデックスが滞在する期間のポリシーを定義し、自動化して制御します。また、インデックスの各フェーズで実行される一連のアクションも定めます。データを保管するリソースのグレードを変えることで、運用コストのよりきめ細やかな管理を実現します。

ILMについてさらに詳しく
  • Hot:頻繁に更新、クエリが生じるフェーズ

  • Warm:更新はされないが、クエリが生じるフェーズ

  • Cold/Frozen:更新はされず、クエリが生じる頻度も乏しいフェーズ(検索は可能だが、遅い)

  • Delete:保管の必要がない

スナップショットライフサイクル管理

管理者はバッググラウンドでスナップショットの管理を行うスナップショットライフサイクル管理(SLM)APIを使って、Elasticsearchクラスターのスナップショットを撮る間隔を定義できます。SLM専用のUIがあり、SLMポリシーの保持期間を設定したり、スナップショットを自動で作成・削除したり、スケジュールを指定できるようになっています。どのクラスターも適切にバックアップできるだけでなく、顧客とのSLAに沿って復旧を実施するために必要な頻度のバックアップを確実に実行することができます。

SLMについてさらに詳しく

データロールアップの管理

KibanaのUIで、ロールアップジョブの表示、作成、開始、停止、削除まで行うことができます。ロールアップジョブとは、インデックスパターンが指定したElasticsearchインデックスのデータを要約し、新しいインデックスに集約する反復的なタスクです。

ロールアップの管理についてさらに詳しく

ユーザーとロールの管理

Kibanaから、APIや[管理]メニューでユーザーとロールの作成/管理を行うことができます。

ユーザーとロールの管理についてさらに詳しく

アップグレードアシスタントUI

アップグレードアシスタントUIは、Elastic Stackの最新バージョンへ移行する作業をアシストします。UIのアシスタントがお使いのクラスターやインデックスから推奨されない設定を特定します。さらに、再インデキシングを含む問題解決プロセスへナビゲートします。

アップグレードアシスタントについてさらに詳しく

アップグレードアシスタントAPI

アップグレードアシスタントAPIでElasticsearchクラスターのステータスを確認・アップグレードしたり、以前のメジャーバージョンで作成されたインデックスを再インデックスしたりすることができます。Elasticsearchで、より新しいメジャーバージョンへ移行する際に便利です。

アップグレードアシスタントAPIについてさらに詳しく

保存済みオブジェクトの操作UI

保存済みオブジェクトをKibanaで直接表示、編集、削除、インポート/エクスポートできます。検索や可視化、ダッシュボードやインデックスパターンも、保存済みオブジェクトとして扱うことができます。

保存済みオブジェクトについてさらに詳しく

保存済みオブジェクトAPI

保存済みオブジェクトAPIを使って、ダッシュボードや可視化、インデックスパターンなどのKibanaに保存したオブジェクトを管理することができます。このようなエンドポイントに、Kibanaのコンソールからアクセスすることはできません。

保存済みオブジェクトAPIについてさらに詳しく

データ投入チュートリアル

わかりやすいチュートリアルで、データセットをElasticsearchに読み込む方法を学習できます。インデックスパターンの定義や、データの探索と発見、可視化やダッシュボードの作成方法も紹介されています。

データ投入チュートリアルについてさらに詳しく

ライセンス管理

Kibanaをインストールすると、有効期限のないベーシックライセンスが生成されます。[管理]>[ライセンス管理]からライセンスの状況をご確認いただき、30日の無料トライアルをお試しいただくか、新しいライセンスをインストールしてお使いください。30日間の無料トライアルは1クリックで開始でき、機械学習やセキュリティ、Graphを含むプラチナライセンス機能をすべてお試しいただけます。

ライセンス管理についてさらに詳しく

ローカライズ版UI

英語、日本語、簡体字中国語のインターフェースをすぐにお使いいただくことができます。Kibanaはローカライズフレームワークを搭載しており、今後も対応言語を増やす予定です。

ローカライズ版UIについてさらに詳しく

変換

変換は、2次元的な表によるデータストラクチャーです。このデータストラクチャーは、インデックス済みデータをより処理しやすくする性質を備えています。変換は、アグリゲーションを通じてデータをエンティティセントリックなインデックスにピボットします。変換、要約でデータを可視化できようにするだけでなく、機械学習分析用のソースを提供するなど、別の手法によるデータ分析を可能にします。

変換についてさらに詳しく

管理と監視

監視

Elastic StackのMonitoringオプションを使って、Elastic Stackの稼働状況を可視化することができます。最大限に活用するために、いつでも状態を把握しておきましょう。

すべてのスタックの監視

Elastic StackのMonitoringオプションで、ElasticsearchやLogstash、Kibanaの運用に関するインサイトを取得してみましょう。あらゆる監視メトリックをElasticsearchに格納し、Kibanaで簡単に可視化できます。

Elastic StackのMonitoringについてさらに詳しく

データ保存期間の設定

Elastic Stackで、監視データをどの程度の期間保持するか制御することができます。デフォルトでは7日間ですが、お好みに応じて自在に設定を変更可能です。

保持ポリシーについてさらに詳しく

スタックの変化を自動通知

Elastic Stackのアラート機能は、クラスターの状態やライセンス期間の終了、Elasticsearch、Kibana、Logstashに関するメトリックの変化を自動で通知します。

自動通知についてさらに詳しく

管理と監視

アラート

Elasticsearchのクエリ機能をフルパワーで活用するElastic Stackのアラート機能なら、データの重要な変化を見逃しません。つまり、Elasticsearchでクエリできるものは何でも通知可能です。

高可用でスケーラブルな通知

通知ニーズにElastic Stackを活用するメリットは、組織の規模を問いません。あらゆるソース、あらゆるフォーマットのデータを確実かつ安全に投入できるElastic Stackが、重要なデータをリアルタイムに検索、分析、可視化。さらに、カスタムの頼れる通知をアナリストに届けます。

アラートについてさらに詳しく

メール、Slack、PagerDuty、Webフック経由の通知

どのような通知方法がお好みですか?メール、PagerDuty、Slackなど、豊富な選択肢から選べます。パワフルなWebフックもあり、既存の監視システムや、外部システムとの連携もスムーズです。

アラートの通知オプションについてさらに詳しく

アラートUI

ひとつのUIで、通知の参照、作成、管理を制御することができます。通知の内容も、実施されたアクションも、リアルタイムにわかります。

Kibanaの通知設定についてさらに詳しく

管理と監視

開発ツール

"開発ツール"ページには、ConsoleやGrok Debugger、Search ProfilerなどKibanaでのデータ操作に使える開発ツールが揃っています。

コンソール

[コンソール]はKibanaが開発ツールの1つです。cURL風の構文でElasticsearchに送るリクエストを作成したり、リクエストへのレスポンスを表示することができます。

コンソールについてさらに詳しく

Grok Debugger

KibanaのGrok Debuggerで、データ処理パイプラインで使用する前にGrokパターンを開発・デバッグすることができます。Grokとは、任意のテキストをパースして構造化するためのパターンマッチング構文です。syslogやApache、その他のWebサーバーログ、MySQLログ、さらに、人間用に書かれるログフォーマット全般のパースに適しています。

Grok Debuggerについてさらに詳しく

クエリプロファイラー/オプティマイザー

プロファイルAPIは、検索リクエストを実行中する個々のコンポーネントのタイミングについて詳しい情報を提供します。行レベルで検索リクエストがどのように実行されたかのインサイトを入手できることで、特定のリクエストが遅延した理由を把握したり、改善措置を講じることができます。

プロファイルAPIについてさらに詳しく

管理と監視

デプロイ

パブリッククラウド、プライベートクラウド、またはハイブリッドでも。Elastic Stackを簡単にデプロイして管理できます。

ダウンロードとインストール

とにかく簡単にはじめることができます。ElasticsearchとKibanaをダウンロードして、アーカイブやパッケージマネージャーからインストールするだけ。データをインデックスして、分析と可視化をすぐに実行できます。機械学習やセキュリティ、Graph分析などの有償オプション(プラチナ)はデフォルトの配布に含まれており、30日間無料でお試しいただけます。

Elastic Stackをダウンロード

Elastic Cloud

クラウドでElasticプロダクトを手軽にデプロイ、運用、スケーリングするSaaSとして、導入数が増えているElastic Cloud。使いやすいマネージドのElasticsearchエクスペリエンスとして、またパワフルですぐに開始できる検索ソリューションとして、Elastic CloudはElasticプロダクトをシームレスに導入する出発点となります。Elastic Cloudのすべてのプロダクトを14日間無料でお試しください。クレジットカードの登録は必要ありません。

Elastic Cloudを使いはじめる

Elastic Cloud Enterprise

Elastic Cloud Enterprise(ECE)は規模や環境を問わず、ひとつのコンソールでElasticsearch、Kibana、オプションをプロビジョニング、管理、監視します。Elasticsearch、Kibana、各種オプションを、ベアメタルサーバー、仮想環境、プライベートクラウド、またはパブリッククラウド(Google、Azure、AWSなど)ほか、お好きな環境に展開できます。

30日間の無料トライアルでお試しください

Elastic Cloud on Kubernetes

Kubernetes Operatorに基づいて開発されたElastic Cloud on Kubernetes(ECK)は、Kubernetesの基本的なオーケストレーション機能を拡張することにより、KubernetesでのElasticsearchやKibanaの設定/管理をサポートします。Elastic Cloud on Kubernetesを使うと、KubernetesでElasticsearchを実行するためのデプロイ、アップグレード、バックアップ、スケール、高可用性、セキュリティなどのプロセスをシンプル化することができます。

Elastic CloudでKubernetesにデプロイ

Helmチャート

わずか数分でオフィシャルのElasticsearchやKibanaでHelmチャートをデプロイできます。

オフィシャルのElastic Helmチャート

Dockerコンテナー化

Docker Hubのオフィシャルなコンテナーを使って、ElasticsearchやKibanaをDocker上で実行できます。

DockerでElastic Stackを実行する

ソリューション

ソリューション

Elasticマップ

マップアプリを使って、地理空間データを大規模に、高速かつリアルタイムにパースすることができます。1つのマップに複数のレイヤーやインデックスを使用する機能や、生ドキュメントのプロッティング、動的なクライアントサイドスタイリング、複数レイヤーを縦断する検索など、多彩な機能を通じてデータを手軽に把握し、監視することができます。

マップレイヤー

Kibanaのマップアプリは、複数の異なるインデックスを複層レイヤーとして1つのビューに表示します。同一の地図上にレイヤーを重ねているため、まとめて、リアルタイムに検索や絞り込むことが可能です。コロプレスレイヤーやヒートマップレイヤー、タイルレイヤー、ベクターレイヤーを含む各種のオプションが揃っています。

マップレイヤーについてさらに詳しく

カスタムリージョンマップ

ベクターシェイプの境界とグラデーションカラーでテーマに合わせたリージョンマップを作成できます。お好みのスタイルを選び、カスタムロケーションデータに適用してみましょう。

リージョンマップについてさらに詳しく

Elastic Maps Service(ズームレベル)

Elastic Maps Serviceはマップアプリをはじめ、Kibanaで地理空間データを可視化するすべてのサービスを支えています。地理データの可視化に欠かせないベースマップタイルや、シェイプファイル、その他の主要な機能を提供します。Kibanaのデフォルト配布では、マップ上で最大18倍まで拡大することができます。

Elastic Maps Serviceについてさらに詳しく

GeoJSONアップロード

GeoJSONアップロード機能はシンプルで使いやすく、堅牢です。地図作成者は、Elasticsearchにデータを直接投入し、この機能を使用することで、ポイントやシェイブ、コンテンツでエンリッチ化されたGeoJSONファイルを地図にドラッグアンドドロップし、瞬時に可視化できます。

GeoJSONアップロードについてさらに詳しく

ソリューション

Elastic Logs

Elastic Stackには、一般的なデータソースにそのまま使えるダッシュボードがあらかじめ用意されています。FilebeatとWinlogbeatでログを送ると、ElasticsearchにインデックスされてKibanaが可視化。数分もかかりません。

ログシッパー(Filebeat)

Filebeatでログやファイルを転送して1か所にまとめれば、シンプルなものはシンプルに扱うことができます。Filebeatにはauditd、Apache、NGINX、System、MySQLなど、多様なモジュールがあります。よく使われる形式のログを、1つのコマンドで簡単に収集、パース、可視化できます。

Filebeatについてさらに詳しく

ログダッシュボード

Filebeatダッシュボードサンプルを使って、Kibanaで簡単にログデータの探索をはじめることができます。事前構成済みのダッシュボードではじめて必要に応じてカスタマイズするスタイルなら、セットアップに時間がかかりません。

ログダッシュボードについてさらに詳しく

ログアプリ

ログアプリを使うと、コンパクト&カスタマイズ可能な画面上でリアルタイムにログをtailすることができます。このログデータはメトリックアプリ内でメトリックと相関付けされ、問題の診断も簡単に行うことができます。

ログアプリについてさらに詳しく

ソリューション

Elastic Metrics

Elastic Metricsで、CPUの使用量やシステム負荷、メモリ使用量、ネットワークトラフィックといった高次のメトリックを簡単に追跡することができます。サーバーやコンテナー、サービス全体のヘルスの把握に役立ちます。

メトリックシッパー(Metricbeat)

Metricbeatはサーバーにインストールできる軽量のシッパーです。サーバーで運用中のシステムや実行中のサービスからメトリックを定期的に収集します。CPUやメモリ、RedisやNGINXなど、システム統計情報を軽快に転送します。

Metricbeatについてさらに詳しく

メトリックダッシュボード

Metricbeatダッシュボードサンプルを使って、Kibanaで運用するサービスの監視を簡単にはじめることができます。事前構成済みのダッシュボードではじめて必要に応じてカスタマイズするスタイルなら、セットアップに時間がかかりません。

メトリックダッシュボードについてさらに詳しく

メトリックアプリ

Elasticsearchにメトリックデータを投入するセットアップが完了したら、Kibanaのメトリックアプリで監視して、リアルタイムに問題を特定しましょう。

メトリックアプリについてさらに詳しく

ソリューション

Elastic Uptime

オープンソースのHeartbeatを内蔵したElastic Uptimeは、ログ、メトリック、APMが提供するリッチなコンテクストとアベイラビリティデータを組み合わせて活用します。シンプルな方法で点と点を結び、アクティビティ同士を関連付けて問題をすばやく解決します。

アップタイムモニター(Heartbeat)

Heartbeatはリモートサーバーにインストールする軽量なデーモンです。サービスのステータスを定期的に確認することにより、サービスを提供できているか判断します。Heartbeatが投入するサーバーデータをKibanaのアップタイムダッシュボードやアプリに表示することができます。

Heartbeatについてさらに詳しく

アップタイムダッシュボード

Heartbeatダッシュボードサンプルを使って、運用するサービスのステータスをKibanaで簡単に可視化できます。事前構成済みのダッシュボードではじめて必要に応じてカスタマイズするスタイルなら、セットアップに時間がかかりません。

アップタイムダッシュボードについてさらに詳しく

アップタイムアプリ

Kibanaのアップタイムアプリで、ネットワークや環境内で生じる障害と接続の問題をすみやかに特定/診断することができます。便利なインターフェースで、ホストやサービス、Webサイト、APIなどを手軽に監視できます。

アップタイムアプリについてさらに詳しく

ソリューション

Elastic APM

Elasticsearchにログやシステムメトリックを取り込んだら、次はElastic APMで、アプリのメトリックも投入しましょう。初期設定に、4行コードを加えるだけ。問題箇所をすばやく確認し、自信をもってコードをプッシュできます。

APMサーバー

APMサーバーは、APMエージェントからデータを受け取り、Elasticsearchドキュメントに変換します。受け取りと変換は、HTTPサーバーエンドポイントを、収集したAPMデータをストリーミングするエージェントにエクスポーズすることで行われます。APMサーバーは、APMエージェントから受け取ったイベントを検証・処理した後、データをElasticsearchドキュメントに変換して、対応するElasticsearchインデックスに格納します。

APMサーバーについてさらに詳しく

APMエージェント

APMエージェントは、運用中のサービスと同じ言語のオープンソースライブラリです。他のライブラリと同じように、運用中のサービスにインストールすると、サービスコードを記録してランタイムのパフォーマンスデータとエラーを収集します。収集データは短時間バッファされ、APMサーバーに送られます。

APMエージェントについてさらに詳しく

APMアプリ

コードから問題を検索し、修正できます。ボトルネックを特定し、コードレベルの変化への注目を促すKibanaのAPMアプリがナビゲート。開発・テストのサイクルから、アプリケーションのパフォーマンス、ユーザーエクスペリエンスまで、開発のあらゆるフェーズでコードを最適化することができます。

Elastic APMについてさらに詳しく

分散トレーシング

インフラを通過するリクエストの数はいくつ?個々の取引を結びつける分散トレーシングを使えば1つのリクエストの全体像を追うことができ、サービスの状況を明確に把握できます。パスのどこでレイテンシーが生じるか特定することで、最適化が必要なコンポーネントもおのずとわかります。

分散トレーシングについてさらに詳しく

アラートの統合

目を離しているときも状況を把握できます。問題がある時も、万事うまくいっている時も、メールやSlackで通知が届きます。

アラートについてさらに詳しく

Machine Learning統合

APMアプリで直接Machine Learningジョブを作成してみましょう。機械学習機能がデータを自動でモデル化し、異常な振る舞いをすばやく検出します。

APMのMachine Learning統合についてさらに詳しく

ソリューション

Elastic SIEM

Elastic SIEMとElastic Endpoint Securityは、SOCのアナリストや脅威ハンティング担当者に役立つ機能を搭載。思考と同じスピードで脅威を検知、調査、およびトリアージすることが可能です。KibanaのSIEMアプリは技術ベースの自動化された検知、ハンティングと調査のワークフロー、埋め込み型ケースマネジメントを組み合わせ、直感的に使えるKibanaのアプリとしてパッケージ化されています。

Elastic Common Schema

Elastic Common Schema(ECS)を使って、多様なソースからくるデータを一元的に分析できます。ダッシュボードや機械学習ジョブといった分析コンテンツをより広範に適用したり、検索をより厳密に設定することができ、フィールド名も覚えやすくなります。

Elastic Common Schemaに関するビデオを視聴する

ホストセキュリティ分析

Kibanaが備える可視化とダッシュボードの豊富なライブラリが拡充され、SIEMアプリの[ホスト]ビューに、データテーブルとホスト関連の主要なセキュリティイベントが表示されます。データテーブルからは、[タイムラインイベントビューアー]をインタラクティブに操作することができます。Elastic Endpoint SecurityやFilebeat、Winlogbeat、Auditbeatを経由して、ホストベースのセキュリティデータを収集することもできます。

ホストセキュリティ分析についてさらに詳しく

ネットワークセキュリティ分析

Elastic SIEMの[ネットワーク]ビューはネットワークアクティビティの主要なメトリックやネットワークマップ、イベントテーブルを表示し、アナリストの調査をサポートします。テーブルから[タイムラインイベントビューアー]をインタラクティブに操作することができます。Elastic SIEMソリューションは、Zeek(Bro)やSuricataなどのオープンソーステクノロジーのほか、Cisco ASA、Palo Alto Networks、Check Point next-gen firewalls、AWSおよびGCPのクラウドサービスなどの有償テクノロジーを含む幅広いネットワーク監視とIDS(侵入検知システム)をサポートしており、すぐに使いはじめることができます。

ネットワークセキュリティ分析についてさらに詳しく

タイムラインイベントビューアー

タイムライン機能でイベントの表示、フィルタリング、注釈付けを行うことができます。またコンテクストデータを収集して根本原因や攻撃範囲を明らかにしたり、調査結果をケースに追加したりすることもできます。こうした一連の作業が、Kibanaだけで完結します。

タイムラインイベントビューアーについてさらに詳しく

機械学習異常検知

SIEMアプリに組み込まれた機械学習機能が自動の異常検知を実行し、さらに脅威ハンティングと検知のワークフローを強化します。事前構築済みの機械学習ジョブは迅速な導入に役立ち、種類も増え続けています。異常はSIEMアプリに検知シグナルとして速やかに表示され、関連するコンテクストのビューで見ることができます。

機械学習とSIEMについてさらに詳しく

SIEM検知エンジン

SIEM検知エンジンはテクニックベースの脅威検知と、大きな値の異常警告を実施します。Elasticのセキュリティエキスパートによる各種ルールはそのまま使うことができ、すばやい導入が実現します。Elastic Common Schema(ECS)用にフォーマットされたあらゆるデータ向けに、カスタムルールを作成することも可能です。

SIEM検知についてさらに詳しく

ケースマネジメント

埋め込み型ケースマネジメントワークフローは、検知と対応の管理を強化します。Elastic SIEMでケースを簡単に作成、更新、タグ付け、コメント、終了できるほか、外部システムとケースを統合することも可能です。オープンなAPIや事前構築済みのServiceNowサポートを使うと、既存のワークフローに沿って作業することができます。

SIEMのケースについてさらに詳しく