icon

Alerting

通知を受け取る。何も逃さない。

CPU消費量が予想外に増えている。アプリケーションの応答時間が異常に長くなっている。503エラーが多発している。Elasticsearchのインデックス効率が急落した... こうした場合に、Alertingの通知で誰よりも早く状況を把握することができます。

New

Elastic SIEMアプリが、疑わしいアクティビティを一足先に対処する仕組みをご紹介しています。

データの変化を検知する

Elasticsearchのクエリ機能をフルパワーで活用するAlertingなら、データの重要な変化を見逃しません。

つまり、Elasticsearchでクエリできるものは何でも通知可能です。たとえば、次のような場合に通知します。

同じユーザーが1時間以内に3つの異なる場所からログインした。セキュリティ侵害の疑いを想定してプロアクティブに対応できます。

#ソーシャルメディアで製品が評判になっている。需要の増加を見込んで準備します。

バイオニックの足がもうすぐ寿命。地上最強の高価なマシンが停止しないよう、部品交換の準備をします。

アプリケーションログでクレジットカード番号が丸見え。コンプライアンス違反で大変なことになる前に、アプリケーションチームと相談できます。

Elasticsearchのインデックス効率が急落。Webサーバーログファイルの場所を変えたことが原因です。Filebeatの設定を変更する必要があります。

必要な時に、お知らせ

どのような通知方法がお好みですか?メール、PagerDuty、Slack、HipChatなど、豊富な選択肢から選べます。パワフルなウェブフックも可能です。既存の監視システムや、外部システムとの連携もスムーズです。

通知に検索結果に基づいた情報を含めることもでき、シンプルなテンプレートで届きます。

使いやすいUIで、簡単に通知

ひとつのUIで、通知の参照、作成、管理を制御することができます。通知の内容も、実施されたアクションも、リアルタイムにわかります。

ルールベースの通知から卒業

Alertingに教師なし学習のMachine Learningを組み合わせれば、ルールや閾値の定義が難しい異常も検知できます。転送データがAlertingのフレームワークの正常な範囲を超えた場合に、通知が届きます。

通知履歴から学ぶ

通知履歴はすべてElasticsearchに保存されます。Kibanaで簡単に追跡、可視化することができます。通知の実行ステータスや、条件に一致する頻度、実施されたアクション。こうした通知履歴により、通知のネストが可能になります。

Elastic Stackでレポートを作成

はじめてみましょう。最初の通知を設定したら、後は待つだけ。