<

2021

<

3月

>

コンテナー化したKafkaクラスターを、ログ、メトリックとともにElasticオブザーバビリティで監視する方法をご紹介します。

Elastic 7.12では、読み取り時のスキーマで優れた柔軟性と速度のバランスを選ぶことができます。また、新しいフローズンティアでは、オブジェクトストアが完全に検索可能になり、新しい価値が発揮されます。Elastic Cloudではデプロイの自動スケーリングも可能です。

7.12リリースでFrozenティアがテクニカルプレビューに登場しました。S3をはじめとするオブジェクトストアに大量のデータを際限なく、安価に格納して直接検索することができます。

Elasticオブザーバビリティ7.12では、根本原因の発見に役立つAPMの相関付け機能が登場したほか、BeatsがARMのサポートを開始し、ログとメトリックでOpenTelemetryのネイティブサポートを開始しました。

7.12にデータ構造最適化機能が登場し、デプロイサイズのスリム化とインデックスの高速化が可能になりました。また継続的なイノベーションを通じてElastic Webクローラーを強化したほか、自動スケーリング機能を導入しました。

Elasticは2021 Gartner Magic Quadrant for Insight Enginesに新しく選出され、「Challenger」の認定を受けました。評価レポートをダウンロードして、Elasticが検索ソリューションの現状を変えつつあると言える理由をご覧ください。

シグネチャベースの検知にインメモリースキャニングの手法を組み合わせると、すぐれた検知戦略となります。本ブログ記事では、設定やステルス機能の有無にかかわらず、少数のシグネチャで、また有効誤検知率0でCobalt Strikeを検知する手法を説明します。

ElasticはGrafana Labsとのパートナーシップを通じて、オフィシャルのGrafana Elasticsearchプラグインをリリースしました。このプラグインを使うと、Grafanaの可視化プラットフォームと、Elasticsearchの完全な機能という2つのメリットを同時に活用することができます。

データの取得を可能な限り高速化できるようにするために、Elasticsearchが活用しているさまざまなキャッシュについてご確認ください。ページ、シャード、およびクエリのキャッシングの詳細について説明し、それぞれをどのように使用してクエリスピードを高速化するかについて見ていきます。