<

2021

<

2月

>

On February 16, 2021, the existing Support Portal (support.elastic.co) will merge user accounts with Elastic Cloud to enable central authorization and create a single sign on experience between Elastic Cloud and our Support Portal...

GPUの用途はゲームや暗号通貨マイニングに限定されません。ニューラルネットワークの教育や数値流体力学のシミュレーション、データセンターのプロセスワークロードにも使用されています。重要なプロセッサーとして稼働するGPUのメトリックを、Elastic Stackで監視する方法をご紹介します。

Coldティアは、Elasticsearch 7.11よりGAで提供されています。この機能が本番環境にも実装可能であることを検証するため、Elasticがリリースに先駆けて実施したテストの内容と結果をご紹介します。

ElasticオブザーバビリティでAmazon ECS EC2とECS Fargateを監視する方法をご確認ください。アプリケーションやワークロードをコンテナーに移行するチームがさらに増えているため、コンテナーの状態と使用状況を監視および追跡する機能はこれまでにないほど重要になっています。

新しいElastic Cloud使用量分析ページについてご紹介いたします。このページではElastic Cloudの使用量の詳細を確認、分析できるため、消費した各リソースが月あたりの請求額のどの程度を占めているか、より詳細に把握できます。

このブログ投稿では、Elasticオブザーバビリティを使用したIstioとマイクロサービスの監視について説明します。

一般提供を開始した検索可能スナップショットやSchema on readのベータ版をはじめ、Elastic 7.11にはコスト、パフォーマンス、インサイト、柔軟性の最適化を強力に支援する各種新機能が搭載されています。また、Elasticエンタープライズサーチ、オブザーバビリティ、セキュリティのソリューション群全体にわたり機能を強化しました。..

7.11より、Elastic Stackにschema on readが登場いたしました。1つのプラットフォームで、パフォーマンスにすぐれるschema on writeとフレキシブルなschema on read、この2つのメカニズムの“いいとこ取り”ができます。schema on readは、「ランタイムフィールド」という名称でElastic Stackに実装されています。..