Kibana

Elastic Stackへの開かれた窓

Kibanaを使用すれば、Elasticsearchのデータを可視化し、Elastic Stackをナビゲートして、午前2時に呼び出された理由に答えることから、四半期の数字に雨が及ぼす影響を理解することまで、何でも可能です。

Kibana虎の巻: はじめての方はここから。ビデオをみる

New The Upgrade Assistant in Kibana 5.6 (ships with Basic) simplifies your migration experience for smooth sailing ahead. Read More

可視化して探索

1枚の画像は何千行のログ行に勝る

Kibanaを使ってデータを形にする方法は自由です。何を探しているかを正確に知っている必要もありません。インタラクティブな可視化機能を使って、まずはひとつからはじめて、後はどのように進んでいくか、流れに身を任せてください。

基本から始める

Kibanaのコアには、ヒストグラム、線グラフ、円グラフ、サンバーストなど、従来の機能が標準搭載されています。この機能は、ElasticsearchのAggregationをフル活用します。

任意の地図に位置情報データをプロット

Elastic Mapsサービスを利用して、地理空間データを可視化したり、好きな方式でロケーションデータを可視化することができます。

Time Seriesもメニューに

Timelionを使用すると、Elasticsearchのデータの高度な時系列分析が可能になり、クエリや変換、可視化を強力で覚えやすい書式で記述することができます。

Graphで関係性を探索

検索エンジンの関連性分析機能と、グラフ探索機能を併用して、Elasticsearchで極めて関連性の高いリレーションシップを発見してください。

KIBANAをシェア♡

良いものは誰でも利用できるように。 Kibanaの良さは共有にある。

Kibanaの可視化機能は簡単に同僚や上司、その上司、お客様、コンプライアンス管理者、ビジネスパートナーなど、誰とでも共有できます。

ダッシュボードを埋め込み

社内のWikiやWebページにダッシュボードを挿入する。

リンクを送信

同僚にダッシュボードへのURLを送る。

レポートを生成

X-Packを使用して、可視化機能やダッシュボードでレポートを作成、スケジューリング、共有できます。

Kibana
管理

Stackの保護。Stackの監視。Stackの設定。

Kibanaでは、コマンドラインを使わなくても、設定の管理やデータの追加、Elastic StackのためのX‑Packのセキュリティ機能の設定を行えるようになっています。非常に優れたAPIもある一方で、Stackのナビゲーションも、幅広いオーディエンスに対応するように、より直観的になっています。

Kibana
DEV TOOLS

美しさとパワーを併せ持つ。開発ツールも付いている

KibanaのDeveloper Toolsは、Elastic Stackを利用する開発者にパワフルに使っていただけます。Consoleで、curlやtinkerを利用せずとも、Elasticsearchのデータにダイレクトにアクセスできます。Search Profilerによって、検索のボトルネックを容易に知ることができます。Logstashの複雑なGrokパターンも、Grok Debuggerで容易に構築することができます。

クリック。ドラッグ。掘り下げる。Kibanaで遊ぶ。

シンプルだから簡単に始められます。Kibanaには独自のNode.js Webサーバーがあり、コードを書くことなく、インフラストラクチャを追加する必要もありません。好奇心に火がつけば、探索を開始できます。

(ElasticのマネージドサービスElastic Cloudでも利用できます。)

ダウンロード

自由に利用できるオープンソース。