Elastic Stack

Elastic Stackは地理空間のパワーハウス

Elasticsearchを使用して、すべての地理空間データを格納し、クエリを高速で実行することができます。Kibanaを使用すると、異常の検出、通知の送信、位置情報関連の問題の解決が可能です。

Elastic Stackの地理空間機能で、データに含まれる位置情報の探索、分析、検出が可能です。

videoImage

限界のない地理空間分析

データボリュームが急激に増大する中で、地理空間データの重要性、さらにそれを大規模かつ高速に分析する能力の重要性がますます高まっています。たとえば、顧客データの分析やアセット追跡などで必要とされています。Elasticsearchの検索機能、集約機能、スピードを、Kibanaのマップアプリとダッシュボードを使用した直感的なビジュアライゼーションと組み合わせましょう。まず1つの地理空間ユースケースから開始して、徐々に広げていきましょう。Elastic Stackなら、簡単に拡張して規模を拡大できます。

videoImage

あらゆる地理空間データをElasticsearchで活用

地理空間分析を高速かつ大規模に実行できます。空間クエリは、その場所に関する問題を解決するために役立ちます。距離クエリは、近接性を理解するために役立ちます。いずれも、スタックは自動的に拡張されます。

  • インジェスト

    Elasticsearchは大ボリュームのリアルタイムデータのインジェストとエンリッチメントに対応しています。Geo-IPプロセッサとGeo-Matchプロセッサを使用して、IPに緯度経度情報を付加したり、リバースジオコーディングパイプラインを独自に設定したりできます。

  • すべてを格納

    分散インデックスを利用して、平均的データよりも大きい巨大な地理空間データを効率的に格納できます。ライフサイクル管理と検索可能スナップショットを利用すると、パフォーマンスを犠牲にすることなくコストを削減できます。

  • 統合

    自由に構築しましょう。Elasticsearchは数多くのAPIを備え、優れた相互運用性を実現しています。お使いのカスタムアプリケーションやお好みのアプリケーションに、Elasticsearchのすべてのパワーを引き出すことができます。

Kibanaで地理空間データに関する疑問を解消

Kibanaは地理空間の分析とアクションのためのプラットフォームです。Elastic Mapsを使用して地理空間データを分析し、その長期的なパターン、注目すべきポイント、その他の調査対象を特定することができます。ダッシュボードを使用して地理空間データを簡単に共有して利用できます。位置情報に基づくアラートを設定することで地理空間データを実践的に活用できます。

videoImage

マップとビジュアライゼーションを簡単に実現

マップアプリを使用して、地理空間ビジュアライゼーションを簡単に作成できます。簡単な操作で、Elasticsearchのデータを可視化したり、CSVファイルまたはGeoJSONファイルから独自のデータをアップロードしたりできます。データの形状や内容に基づいて分析を実行できます。コロプレスレイヤーを使用して、国や地域間で統計データを比較したり、ポイントツーポイントマップを使用して出発地と目的地のつながりを把握したり、動的なヒートマップ、グリッド、クラスターによって空間パターンを簡単に理解したりできます。

videoImage

機械学習により効果的に作成されるマップ

機械学習は自動的に実行され、異常検知機能によって検知されるデータを事前に発見できます。位置情報に基づく異常検知機能では、通常の位置と比較することで、異常を簡単に検知することができます。

Screenshot

位置情報によるインサイトの推進

位置情報データによりインサイトを推進し、地理空間アラートを活用しましょう。一般的にジオフェンシングと呼ばれる機能ですが、移動するオブジェクトを追跡して、オブジェクトが境界内に侵入したとき、または境界から外に出たときに一般的なビジネスシステム(メール、Slack、Teams、PagerDutyなど)で通知を受け取ることができます。シッピングやロジスティクスを目的としたアセット追跡業務でも、IoTデバイスのセキュリティ監視業務でも、地理空間アラートは有益な情報をもたらしてくれます。

Screenshot

参考資料

Elastic Stackを地理空間分析に使用する方法について詳しく知りたい方は、こちらの参考資料をご覧ください。