<

2020

<

2月

>

減量とリサイクルで、コードもサステナブルに。モジュールコンポーネントでLogstash投入パイプラインを作成する方法をご紹介します。

インフラを拡張すると、コストは増えます。コスト効率にすぐれたスケールが叶う、Elasticsearch Serviceのフレキシブルな機能をご紹介します。

機械学習による異常パターンの発見を、最新のセキュリティソフトを回避する“Living Off the Land(環境寄生)”手法による攻撃の検知に活用する取り組みをご紹介します。

データ侵害がどのように発生するのか、またElasticsearchのユーザーがどのように対処すれば、その脅威からデータを最適に保護できるのかを詳しく解説します。

Azureが東京リージョンでElasticsearch Serviceの提供を開始。アジア太平洋で2番目、グローバルで5番目のAzureリージョンとして登場しました。

Elasticsearch 7.6の言語特定機能を、多言語検索に活用する方法を解説します。

7.6はスムーズになった脅威検知や、手軽に使える教師あり機械学習を搭載。新しいデータ統合モジュールも追加され、クラウドオブザーバビリティとセキュリティが向上しています。

ライセンスの問題や、高速検索の必要性から、多くの組織がSplunkからElastic Stack(ELK)へ移行しています。