icon

Elastic Metrics

オープンソースのインフラ監視

ログでElastic Stackを活用中なら、インフラメトリックも加えましょう。手順はわずか数ステップです。ログ検索で活躍するElasticsearchは、インフラを含む複数ソースのメトリックでも驚きの能力を発揮します。

MarketoFEForm

クレジットカード情報の入力は必要ありません。設定も簡単。無料トライアルをどうぞ。

Elastic Stackでインフラのログやメトリックの追跡をはじめましょう。

ビデオを見る

Elasticsearch Serviceで、可観測性を強化する取り組みをすばやく立ち上げることができます。

ビデオを見る

メトリックデータとElastic Stackの基本的な内容をご紹介しています。

コースを受講する

New

7.6よりAWSのサービス向けに新しいインベントリビューが加わりました。EC2、RDS、S3、SQSのサービス概要を表示できます。

すべてのメトリックを1か所で

対象がDockerコンテナーでも、Kubernetesの制御でも、Prometheusスタイルのメトリックでも、アプリの遠隔データでも、Metricbeatを使えば数分で監視をはじめることができます。何より嬉しいのは、データをログとネイティブに相関付けできること。

さっそくはじめてみましょう。

高カーディナリティデータを高速検索

ディメンション、タグ、データ数、フィールドを縦横無尽に分析しましょう。どのような制限もありません。ホスト名やIPアドレス、タグなどのあらゆる属性を継続的にすばやく、規模を問わず自在に探索。その方法も、順序も自由です。収集、パースからタグ付けまで、処理はBeatsとモジュールにまかせることができ、ダッシュボードや機械学習ジョブも作成できます。

時系列データにElasticsearchを使う

転置インデックスから、さらに進化を遂げています。新しいデータタイプの作成、BKDツリーの実装、カラムストアの追加といった工夫により、検索の高速化や、メモリやディスク使用量の削減、より効率的なデータの構造化といったメリットを実現。つまり、ペタバイト規模のデータフィールドや値へ高速にアクセスすることができます。

メトリックを読み解く

実際のトポロジーを考慮した視点からは、インフラの別の姿が見えてきます。CPUやメモリー、ネットワークトラフィックについて、現在と過去のパフォーマンスを確認してみましょう。Metrics Explorerでさらに詳しく確認することも、お好みのアグリゲーションに基づいて時系列チャートを作成することもできます。プロットするフィールドを選んだら、サブグラフにデータを分割して、フィルターを追加。あとはTime Series Visual Builderがわかりやすく可視化してくれます。

ロールアップによる長期保持

Elastic Stackで、メトリックデータをダウンサンプリングできます。ElasticsearchとKibanaのロールアップ機能は容量を節約してクエリを高速化しながら、高い精度を保ちます。

機械学習で異常を検知する

データ量が大きくなるほど、ストリーミングの平均値や測定値、合計値の異常を発見することがむずかしくなります。常にすべてのデータを監視しようとすることは、現実的ではありません。

Elastic Stackの機械学習は膨大なデータから、ときにはかけ離れたソースを組み合わせて、自動的に異常を検知します。何が「通常」か分析し、学習することで「異常」を見つける仕組みです。

料金

シンプルに保つ。ホスティング費用はゼロ。

使いはじめる方法も、スケールの方法も自由です。Elasticのプロダクトからバリューを引き出すとき、どのような制限もありません。リソース費用は必要な部分のお支払いだけでOK。思いのままにデプロイして、新しいことに挑戦できます。

試してみる

インストールからはじめる場合も、手順はとてもシンプルです。

What just happened?

Metricbeat created an index pattern in Kibana with defined fields, searches, visualizations, and dashboards. In a matter of minutes you can start viewing CPU and memory utilization, and process-level statistics.

Didn't work for you?

Metricbeat modules have defaults and configurations for each system they connect to. See the documentation for supported versions and configuration options.

遠隔測定データをリアルタイムに分析

業界最高クラスのWeb冗長性とスピードを実現するため、NS1は複数のシステムやプロバイダー、サードパーティのサービスを組み込み、グローバルに分散させたインフラから膨大な量の遠隔測定データを時系列データベースに収集し、分析しています。

高い信頼と評価

メトリック × ログ&トレース

ネットワークデータやネットワークデータやインフラのログ、APMのトレースも、メトリックと共に投入してモデル化しましょう。分析の幅を広げ、ワークフローを最適化しながら、アーキテクチャをシンプルにすることができます。

ログ

ログ

速くてスケーラブル、決して止まらないロギング。

APM

APM

アプリのパフォーマンスに関するインサイトを取得。

アップタイム

アップタイム

監視で、あらゆるアプリとサービスの可用性の問題にすばやく対応。