Real User Monitoring

ユーザーインタラクションとパフォーマンスへの完全な可視性 

現実世界のエンドユーザーエクスペリエンスを反映するパフォーマンスデータを収集、計測、分析しましょう。URL、OS、ブラウザー、位置情報に基づいてデータを分析すれば、エンドユーザーのシステム上のアプリパフォーマンスを真に理解することができます。 

わずか数分で、ユーザーエクスペリエンス監視を立ち上げてみましょう。

使い始める

Webサイトの読み込み時間が長すぎて閲覧者が離脱する問題にお悩みですか?Elasticオブザーバビリティでエンドユーザーのエクスペリエンスを監視し、最適化する方法をご覧ください。

視聴する

Elasticが2022 Gartner Magic Quadrant for APMで「Visionary」評価を獲得した理由について、詳しく解説しています。

さらに詳しく

エンドユーザーを測定、追跡してアプリを最適化

GoogleのCore Web Vitalをはじめ、主要なユーザーパフォーマンスメトリックを可視化してみましょう。パフォーマンス指標を監視し、ユーザーワークフローを最適化してユーザーエクスペリエンス改善することで、指標を向上させることができます。リアルな顧客エクスペリエンスの向上を通じて検索結果のページ表示順位が上がれば、Webサイトにより多くのトラフィックを呼び込むことができます。個別のWebページ、あるいはページグループごとのメトリック表示は、緻密な分析に最適です。 

Screenshot

リアルユーザーパフォーマンスへのインサイト 

ユーザーエクスペリエンスには、ブラウザーやデバイス、OSなどクライアントサイドのファクターが大きく影響します。こうした変数でリアルユーザー監視データを手軽に絞り込んで、特定のユーザーコーホートのエクスペリエンスを把握してみましょう。たとえば、ページの負荷分散に奇妙なスパイクが現れたら、ブラウザー種別で分類して調査範囲を絞り込んでみましょう。グローバルでのパフォーマンスを確認した後、マップ表示を使ってユーザーエクスペリエンスが低下している地域を突き止めることもできます。 

Screenshot

ハイブリッドなクラウドエコシステム全体でユーザーエクスペリエンスをトレースする

現場担当者に、ステータスコードよりずっとわかりやすいコンテクストを提供できます。Elastic APMに内蔵されているElasticのリアルユーザー監視(RUM)を使うと、リアルユーザー監視で捉えたトランザクションの問題を簡単に切り離すことができます。さらに関連するログやメトリック、トレースを確認して点と点をつなぎ、文脈を把握しましょう。複雑なクラウド環境内のアクティビティを相関付けして、パフォーマンスの問題をすばやく解決することにより、エンドユーザー向けのサービスを復旧させることができます。 

Screenshot

リアルユーザー監視以外にもいろいろ、アプリ監視の手法 

Elasticオブザーバビリティを導入しましょう。単一のソリューションでアプリとインフラを監視し、ユーザー体験をテストできます。 

  • アプリケーションパフォーマンス監視(APM)

    開発のスピードを上げ、アプリコードの質を高めます。

  • インフラ監視

    大規模なインフラ監視をシンプルに実行します。

  • ログ監視

    デプロイするだけで、大規模にログを管理できます。

  • シンセティック監視

    ユーザー体験をテストし、顧客エクスペリエンスの向上に活かせます。