Synthetic Monitoring

エンドユーザーが体験する可用性と機能性をプロアクティブに監視

カスタマージャーニーを監視して、Web/フロントエンドのパフォーマンスがユーザーエクスペリエンスに与える影響を把握しましょう。外部の視点に立ち、Webサイトのパフォーマンスと可用性について完全な可視性を確立することで、顧客より先に問題を捉えることができます。

シンセティック監視を活用し、ユーザーが実際に体験しているパフォーマンスを定義、シミュレート、および可視化する方法を説明します。

使い始める

Webサイトの読み込み時間が長すぎて閲覧者が離脱する問題にお悩みですか?Elasticオブザーバビリティでエンドユーザーのエクスペリエンスを監視し、最適化する方法をご覧ください。

視聴する

ユーザーエクスペリエンス監視とシンセティックユーザージャーニーの導入をご検討中ですか?もう悩む必要はありません。

さらに詳しく

ユーザー体験をテストし、顧客エクスペリエンスの向上に活かす

たとえばeコマースサイトの決済フローのように、複数のステップにわたるユーザーエクスペリエンスをシミュレートしてみましょう。あるいは、社内取引アプリのトランザクションフロー監視もいいでしょう。実際の操作体験に沿ってステータス情報やエラーの詳細なデータを捕捉し、ウォーターフォールビューを使って問題のある部分を特定することにより、エンドユーザーのための卓越したデジタルエクスペリエンスを創出できます。  

外部のエンドポイントから、サービスの可用性をトラッキングする

軽量なAPIを使ったチェックなら、予算をオーバーすることなく、可用性監視をグローバルにスケールさせることができます。プライベートなテストロケーションからAPIを実行したり、マネージドのテスト用インフラ(近日リリース予定)から実行したり。かつてないほど簡単にHTTPやTCP、ICMPエンドポイントを監視できます。

アプリの環境全体にわたって、ミッションクリティカルな問題をトレーシング

障害発生時に、ステータスコードの一歩先を行くわかりやすいコンテクストを受け取りましょう。Elasticなら、可用性データをログ、メトリック、トレースが提供するリッチなコンテクストと組み合わせて分析できます。シンプルな方法で点と点を結び、アクティビティ同士を関連付けて問題をすばやく解決しましょう。

SLIとSLOをトラッキングして遵守

フルスタックなオブザーバビリティソリューションを導入したら、次はシンセティック監視に着手しましょう。SLAを遂行するには、SLI(サービスレベル指標)やSLO(サービスレベル目標)など、ビジネス上重要なメトリックを計測する必要があります。リアルタイムなインサイトを入手して、サービスのアップタイムや信頼性を手軽に利害関係者向けのレポートにまとめましょう。

シンセティック監視以外にもいろいろ、アプリ監視の手法

Elasticオブザーバビリティを導入しましょう。単一のソリューションでアプリ、インフラ、ユーザーを監視できます。

  • アプリケーションパフォーマンス監視(APM)

    開発のスピードを上げ、アプリコードの質を高めます。

  • インフラ監視

    大規模なインフラ監視をシンプルに実行します。

  • ログ監視

    デプロイするだけで、大規模にログを管理できます。

  • リアルユーザー監視

    エンドユーザーを測定、追跡してアプリを最適化しましょう。