リリース

Elastic 7.13.0をリリース — Elasticでさらに多くのデータを検索&格納

osqueryの一元管理機能をElasticセキュリティ7.13でリリースしました。セキュリティチームは、osqueryを使ってホストデータを一元的に管理、分析できます。

Elastic 7.12では、読み取り時のスキーマで優れた柔軟性と速度のバランスを選ぶことができます。また、新しいフローズンティアでは、オブジェクトストアが完全に検索可能になり、新しい価値が発揮されます。Elastic Cloudではデプロイの自動スケーリングも可能です。

Elasticオブザーバビリティ7.12では、根本原因の発見に役立つAPMの相関付け機能が登場したほか、BeatsがARMのサポートを開始し、ログとメトリックでOpenTelemetryのネイティブサポートを開始しました。

リリース

Elasticエンタープライズサーチ7.12の最新情報 ― コストを下げて、さらに大規模に検索

一般提供を開始した検索可能スナップショットやSchema on readのベータ版をはじめ、Elastic 7.11にはコスト、パフォーマンス、インサイト、柔軟性の最適化を強力に支援する各種新機能が搭載されています。また、Elasticエンタープライズサーチ、オブザーバビリティ、セキュリティのソリューション群全体にわたり機能を強化しました。..

7.11でApp Searchに新しいWebクローラーが登場し、Webコンテンツのインデックス作業が一層手軽になりました。Workplace Searchの事前構築済みコンテンツソース統合機能にBox向け統合機能が加わりました。かつてないほど多彩なコンテンツを一元化できます。

調査ワークフローを迅速化する新しいビューが、APMとMetrics UIに加わりました。ECSロギングライブラリによるログとトレースの相関付けが、スムーズな分析を支援します。

リリース

検索可能スナップショットをElasticsearchに導入

Elastic 7.10リリースに“検索可能スナップショット”が登場。従来トレードオフだったデータコストとパフォーマンス、深度の関係を大きく変化させます。Kibana LensがGAに移行したほか、ユーザーエクスペリエンス監視とシンセティック監視が加わり、Elasticオブザーバビリティの機能が強化されています。

画期的な新機能を搭載するElastic 7.9を公開しました。Elasticエンタープライズサーチを無料化し、全ユーザーに提供を開始したほか、データ投入方法を大きく変える新機能、Elastic Agentが登場しています。1クリックで使える無料なマルウェア防止機能も加わりました。

Elasticセキュリティ7.9をお試しください。この新しいリリースには、アンチマルウェアおよびデータ収集機能が組み込まれたほか、事前構築済みのクラウド保護が付随し、アナリストワークフローが強化され、データ収集・分析機能が拡張されています。