<

2020

<

5月

>

Elasticのプロダクトなら数クリックの操作で、あらゆるトランザクションについてエンドユーザーが行った特定のリクエストに関連するログを表示できます。

さまざまなメリットをもたらすAPIです。Elasticのコマンドラインツールであるecctlと組み合わせて、デプロイを作成、管理することもできます。

チームにハッピーなお知らせです。本日、Elastic Workplace Searchを一般公開(GA)いたしました。あらゆる規模と業界の組織のための一元的な検索プラットフォームです。

7.7について、お伝えしたいことは山のようにあります:Elastic Workplace Searchが一般公開(GA)となりました。生まれ変わったアラートフレームワークにより、Kibana全体のアラートエクスペリエンスが刷新されています。APMに、システムのオブザーバビリティを強化するサービスマップが導入されました。この他にも、多くの進化を遂げています。..

Site Reliability Engineeringとインシデントレスポンス、Elasticオブザーバビリティを活用し、アプリケーションのベストなパフォーマンスを引き出す方法を解説します。

Elasticsearch 7.7では、以前のバージョンに比べてヒープ領域の使用量が大きく減少します。この進化はElasticsearchクラスターの安定性を高め、大きなサイズのデータを格納する際のコスト抑制に貢献します。