icon

Elastic Workplace Search

ソースが1つなら、真実が見つかる

Google DriveやSalesforceをはじめ、社内で使用されるコンテンツプラットフォームを統一しましょう。チームの生産性が向上するだけでなく、パーソナライズされた検索エクスペリエンスを実現できます。Elastic Workplace Searchは事前調整済みの検索関連性と直感的なインターフェースを備え、デプロイも手軽。組織の検索ニーズに最適なソリューションです。

ベータリリースをダウンロード

Elastic Workplace Searchで一般的なアプリを横断的に検索できます。

ビデオを見る

Elastic App SearchはEコマースサイトにも、SaaSアプリにも、モバイルアプリにも組み込むことができます。

ビデオを見る

Elasticsearchのスキルが身につくElastic認定エンジニアの資格で、プロジェクトとキャリアの可能性が広がります。

さらに詳しく

New

Elastic Workplace Search 7.6(ベータ)をリリースしました。パフォーマンスの向上、新しいコネクター、SAML/SSOのサポートが含まれます。

自由に検索

使いやすい

自由に検索

仕事で使う検索ツールは、プライベートで使っているアプリほど使いやすくないと誰もが思っています。その概念を変えるのがElastic Workplace Searchです。

答えを得られるワンストップショップ

常に接続

答えを得られるワンストップショップ

組織のすべてのデータソースをElastic Workplace Searchに接続すれば、必要なデータをPDFで見たのか、スプレッドシートで見たのかについて、悩まなくて済みます。

知る必要がある人にだけ許可

アクセス管理

知る必要がある人にだけ許可

組織のすべてのデータを一元管理し、アクセスについては区分けします。シンプルな管理UIによって簡単に、適切な人だけにドキュメントへのアクセスを許可できます。

入力に合わせてスマートにフィルタリング

人間のように対応

入力に合わせてスマートにフィルタリング

キーワードの自動検知機能により、ボックスをチェックしたり、スイッチを切り替えたりして結果をフィルターする必要がなくなりました。

生産性

埋もれて見つけられなくなることの多かったドキュメントを簡単に発見

Elastic Workplace Searchにより、仕事の情報を効果的に、しかも楽しく簡単に見つけられるようになりました。高度に洗練された使いやすい検索UIと、設定不要ですぐに機能する高い関連性により、人間のように検索できます(検索エンジンのように考えようとする人間とは異なります)。検索時には、ドキュメントのプレビューや高度なキーワード検知(“document” = .pdf、.doc、.xls、…)などの便利な機能を活用できます。まるで、オフィスの誰もが自分専用のアシスタントを持つようなものです。

すべてのデータ

クラウドおよびオンプレミスのすべてのソースを接続

共通のクラウドソースのすべてを単一の検索エンジンにすぐに接続できます。または、カスタムソースAPIを使用して、オンプレミスまたはクラウド用のカスタム接続を作成することもできます。何年もかかってインフラストラクチャーの隅のほうまで行ってしまったすべてのデータを簡単に統合できます。

細かいチューニング

チームレベルでのコンテンツの優先順位付け

チームが違えばニーズも異なります。Elastic Workplace Searchにより、各チームベースで結果を集約することで、グローバルな関連性チューニングを超えることができます。エンジニアリングチームおよびサポートチームがGitHubやGoogle Driveを使用し、マーケティングチームおよび営業チームがSalesforceやDropboxを使用していても、結果を細かく調整し、社内のすべてのチームが、成功を収めるために必要な検索エンジンを持つことができます。

アクセス制御

優先事項としてのプライバシー

セキュリティはどの会社でも優先事項です。それは検索ソリューションにも当てはまります。Elastic Workplace Searchは、適切なユーザーのみが適切なドキュメントにアクセスできるようにする管理オプションを提供します。組織がシングルサインオン(SSO)を使用する場合は、SAMLを使用してElastic Workplace Searchの管理とアクセスの提供を行います。情報セキュリティチームの作業負荷を軽減できます。

将来性

どのような規模でも優れた関連性

Elastic Workplace SearchはElasticsearchをベースにしているため、検索対象のボリュームが多くても、リアルタイムのスピードを犠牲にする必要はありません。より多くのデータソースに接続し、結果を細かく調整するようになるにつれて、デプロイのスケールも組織に合わせて拡張できます。ユーザーは、検索するドキュメントの多さに関係なく、すぐに結果を得る必要があります。

シンプルなロールアウト

迅速に開始、専門知識は不要

Elastic Workplace Searchの実装には、大きな開発チームも、週末の休みにサーバーを止める必要もありません。既存のインフラストラクチャーに変更を加えることなく、数分で稼働させることができます。デプロイしてさまざまなデータソースからデータを投入し、検索を開始できます。

SignUpCTA

ユースケース

どの会社にも高い関連性を提供、どのチームにも柔軟に対応

Elastic Workplace Searchは、ビジネス内のどのグループ用にも簡単に調整できるため、よりすばやく検索できるようになり、より多くの時間を他の重要な仕事に充てることができます。

研究開発

研究開発

エンジニアリング

エンジニアリング

マーケティング

マーケティング

セールス

セールス

サポート

サポート

シンプル化

検索作業が仕事を圧迫するべきではありません

見たことがあり、どこかに存在していることが分かっている情報を探すのに、仕事時間のどれくらいを費やしていますか?そのすべての時間を取り戻せるとしたら、何ができると思いますか?Elastic Workplace Searchは、その時間を取り戻すのに役立ちます。

直感的なインターフェース

直感的なインターフェース

学習カーブは、言われているほど大きく改善されるものではありません。新しいコツを覚える必要なく、すぐに開始できます。

高度なキーワード検知

高度なキーワード検知

検索クエリ内で検知されたキーワードに基づいて、自動的に結果をフィルターします。

高度に調整された検索関連性

高度に調整された検索関連性

事前調整済みのエンジンが、関連性検索の開始時から最適化されているため、手を加える必要はありません。

チームプレイヤー

チームプレイヤー

チームに合わせて結果セットを数回のクリックで調整できるため、関係者全員の効率化に役立ちます。

きわめてスケーラブル

きわめてスケーラブル

より多くのデータソースに接続し、結果セットを細かく調整するようになるにつれて、デプロイのスケールも組織に合わせて拡張できます。

ベースとなるのはElasticsearch

ベースとなるのはElasticsearch

トップのオープンソース検索エンジンに期待するのと同じスピード、スケール、関連性で検索できます。

またはElastic Stackを使用して自分で構築

Elastic Workplace Searchの核となるのは、 Elasticsearchが支えるエンジンです。そのエンジンを、エンタープライズ独自のカスタムソリューションの中心として使用することも可能です。参考資料として、NASAのジェット推進研究所がElastic Stackを使用して、宇宙探索用の宇宙船を建造する科学者およびエンジニアに最新の設計と研究を提供した方法についてご確認ください。その後、同研究所はロボットから送信されるテラバイト規模のデータを分析し、可視化しました。その方法についてもご覧ください。