icon

Elastic Logs

オープンソースのログ監視

Elastic Stackは、最も人気のあるオープンソースのロギングプラットフォームです。その理由をご紹介しましょう。

MarketoFEForm

Elasticsearchを使うロギングと可観測性のユースケースには、Hot-Warmアーキテクチャーが最適です。

ビデオを見る

Elastic Stackでログとメトリックデータを扱うための基礎をわかりやすいデモでご紹介します。

ビデオを見る

ロギングやシッピングから可視化まで、テーマ別のトレーニングコースを豊富にご用意しています。

コースを受講する

New

7.6よりLogsアプリにログ分類機能が登場しました。類似のメッセージや形式でログをグループ化し、傾向の把握に役立ちます。

必要なログをすぐに活用

Elastic Stackには、一般的なデータソースにそのまま使えるダッシュボードがあらかじめ用意されています。KubernetesやMySQLからログを送るElasticsearchでデータをインデックスして、Kibanaで可視化するまでわずか数分です。Elastic Logsは手軽にはじめられる点が特徴です。必要なモジュールがないときは、新たに開発することも、コミュニティを活用することもできます。これがオープンソースの良いところです。

UIで直接ファイルをtailする

サーバーや仮想マシン、コンテナーを流れるログを収集して、一元的に可視化しましょう。インフラ運用の頼れるパートナーになります。IPやイベントタイプなどの構造化フィールドをピン留めすれば、画面はそのままで関連性のあるログを探索することができます。Kibanaのログアプリが詳細を表示。リアルタイムに確認でき、あらゆるログを横断的に提供します。

分析を支えるログ分類機能

イベントデータのパターンを効率的に把握するには?手動でスクロールしながら類似のログを探す必要はありません。UIの分類ビューを使えば、トレンドが一目でわかります。メッセージや形式に基づいてグループ化されたイベントを分析して、必要なアクションにすばやく着手しましょう。

フレキシブルなデータストリーム処理

ログを高速に、一元的に検索するための準備もElastic Stackなら簡単です。ソースの種類も、数も問いません。Beatsがシステムからログを直接Elasticsearchに送信すると、1か所で分析をはじめる準備は完了です。IngestノードパイプラインでFilebeatモジュールを使用すれば、一般的なタイプのログをインデックスの前に事前処理することも可能です。

さらに高度な処理が必要なら、専用のデータストリーム処理レイヤーとしてLogstashを追加しましょう。どれほど複雑なデータも投入、パース、変換できます。

可能性を広げる、パワフルな検索

数百ノードにおよぶペタバイト規模のデータを処理するエクスペリエンスは、ノートパソコン1台のエクスペリエンスと変わりません。スケールのために再設計で悩む必要はありません。データタイプやソースの取捨選択に悩むこともありません。 大切なデータをすべて投入&インデックスできます。

Elastic Common Schema(ECS)でデータモデリングを統一できます。つまり、さまざまなソースに共通のドキュメントフィールドを定義して、データを一元的に分析することが可能になります。

リアルタイムですべて明らかになる

Elasticsearchを最大に活かすElastic Stackだから、大規模な運用でもレスポンスは高速。その質問に、すばやく答えが返ってきます。ぐるぐる回る砂時計を、ひたすら待つ必要はありません。

Elastic
search...
hits
Unique Request
Other
search...
0 matched | 0 scanned
0 Unique Request

機械学習で異常検出を自動化

すべてのログメッセージやトランザクションに目を通す必要はありません。重要なもの、または注目に値するものに絞ることができます。

Elasticの機械学習は過去のElasticsearchデータの挙動から自動的にモデルを作成し、リアルタイムで問題を報告します。

料金

シンプルに保つ。投入費用はゼロ。

使いはじめる方法も、スケールの方法も自由です。Elasticのプロダクトからバリューを引き出すとき、どのような制限もありません。リソース費用は必要な部分のお支払いだけでOK。思いのままにデプロイして、新しいことに挑戦できます。

SignUpCTA

はじめましょう

最新版のElastic Stackを準備しましょう。データの投入とログの可視化は、お弁当をあたためるよりも早くできます。

What just happened?

Filebeat created an index pattern in Kibana with defined fields, searches, visualizations, and dashboards. In a matter of minutes you can start viewing audit event types, accounts, and commands.

Didn't work for you?

Filebeat module assumes default log locations, unmodified file formats, and supported versions of the products generating the logs. See the documentation for more details.

あなたの目で確かめてください

大手通信会社のスプリントでは、かつてシステム管理者がログを細かくチェックし、シェルスクリプトを実行したりgrepしたりしていました。Elastic Stackを導入した今ではパフォーマンスのトラブルシューティングが大幅に高速化されています。同時に顧客満足度を高め、企業間取引関係を簡略化。さらに小売りシステムの合理化にも成功しました。

高い信頼と評価

ログ&メトリック&追跡を同時に

アップタイムのメトリックも、APMのトレースも、ログと共にElastic Stackで扱いましょう。分析の幅が広がり、運用コストが低下する上、アーキテクチャーをシンプルに保つことができます。

メトリック

メトリック

CPUもメモリーも、正確に把握。

APM

APM

アプリのパフォーマンスに関するインサイトを取得。

アップタイム

アップタイム

監視で、あらゆるアプリとサービスの可用性の問題にすばやく対応。