エンジニアリング

Elasticsearchで日本語のサジェストの機能を実装する

Elasticセキュリティは、検知ルール用のレポジトリをグローバルに公開しました。コミュニティと協働でルールをオープンに開発し、コミュニティ主導の検知を推進していく場となります。またこのレポジトリは、セキュリティについて知識を集団的に共有する機会を創出します。

Elastic Stackの新機能のテスト中に、特定のLinuxカーネルでSSDディスクに影響するLinuxカーネルバグが発見されました。この調査の内容と、調査を支援してくださった親身なパートナー、Google Cloud、ならびにCanonicalと協働した成果についてご紹介します。

Elastic Stackは通信監視のパワフルなツールになります。通話切断率(CDR)やネットワーク効率レシオ(NER)、通話成功率(ASR)、SIPトラフィック、発信/受信数、異常検知をはじめとする各種分析を、簡単に実行する方法をご紹介します。

エンジニアリング

簡単な手順でログとAPMトレースを関連付け、オブザーバビリティを向上させる方法

Site Reliability Engineeringとインシデントレスポンス、Elasticオブザーバビリティを活用し、アプリケーションのベストなパフォーマンスを引き出す方法を解説します。

Elasticsearch 7.7では、以前のバージョンに比べてヒープ領域の使用量が大きく減少します。この進化はElasticsearchクラスターの安定性を高め、大きなサイズのデータを格納する際のコスト抑制に貢献します。

Elasticsearchをデプロイするシナリオに1つとして同じものはありませんが、あらゆるシナリオで、データロス、パフォーマンス、ダウンタイムという3要素をかならず考慮する必要があります。プロジェクトの許容度に応じて、アーキテクチャーを設計、調整する方法をご紹介します。

エンジニアリング

Microsoftの生産性クラウドスイートをElastic Workplace Searchで横断検索

一元化された、事前構築済みのSIEM検知ルールがSOCチームにすぐれたエクスペリエンスを提供します。

減量とリサイクルで、コードもサステナブルに。モジュールコンポーネントでLogstash投入パイプラインを作成する方法をご紹介します。

インフラを拡張すると、コストは増えます。コスト効率にすぐれたスケールが叶う、Elasticsearch Serviceのフレキシブルな機能をご紹介します。