Elasticsearch 6.7 でのクロス・クラスター・レプリケーションにより、地理的に離れたデータ・センター、またはクラスター全体にわたってElasticsearch 内の情報を複製できます。

エンジニアリング

ECS(Elastic Common Schema)はElasticsearchのデータを一貫した方法で構造化し、カスタマイズにも対応する新しい仕様基準です。

エンジニアリング

APM(アプリケーションパフォーマンス監視)はアプリケーションで起きていることを把握できるようにし、アプリケーションスタック全体の可視性を高めます

エンジニアリング

Canvasのデータ表要素およびデバッグ要素の使用方法について説明します。ElasticsearchおよびKibanaに組み込まれているサンプルデータを使用します。

エンジニアリング

既存のダッシュボードや可視化、保存済みのオブジェクトをKibanaのspaceに移行して活用することができます。

エンジニアリング

Kibanaの"space"で、ダッシュボードや可視化、その他のオブジェクトを整理できます。

エンジニアリング

リリース6.4.0から、APMサーバーはLogstashまたはKafkaを通してデータを送信することができるようになります。その方法をご紹介しましょう。

エンジニアリング

シグネチャーベースのHIDSを提供するWazuhとElasticの機械学習を組み合わせて、脅威の検知と調査をより手軽に、効率よく実施できます。

エンジニアリング

Elasticsearch 6.0ではインデックスの並び替え機能が導入されており、クラスターのパフォーマンスを最適に保つことができます。ユースケースによってはこの機能がディスク容量の節約にも役立つことをご存知でしたか?