<

2019

<

4月

>

シンプルなアイデアから複雑なユースケースまで、皆さんのElastic Stackの活用事例に関する生の声を、「#ElasticStories」を使ってコミュニティに共有してください。

最近、辞書更新する際の挙動について、良くお問い合わせを頂いておりますので、本ブログにて、基本的な考え方などについて、ご説明したいと考えております。ぜひご覧いただき、より辞書更新への理解を深めていただければ幸いです。

Elastic Machine Learningにユーザー注釈機能が登場しました。機械学習ジョブの結果に、データに関する情報を加えることができます。

Elastic APMのGoエージェントでインストルメントすることで、詳細なトレーシングデータのキャプチャ、インフラストラクチャーメトリックのキャプチャ、およびロギングとの統合という、監視性の3大要素を網羅できます。

Elasticは、Elastic CloudおよびSaaSサービスファミリーの全体についてSOC 2 Type 2およびCSA Star Level 2の認証を取得しました。

Elasticsearchでインデックスライフサイクル管理を使用して、時系列データに関するHot-Warm-Coldアーキテクチャーを実装する方法についてご確認ください。

Elasticsearch 7.0はタイプを受け入れるAPIを廃止し、新たにタイプレスAPIを導入するほか、_default_マッピングをサポート対象外とします。

7.0はKibanaの斬新なデザインと普及したダークモード、再構築されたクラスター調整レイヤーを導入し、ユースケース全体でクエリ速度と関連度を向上しています。

Elastic APMでRubyアプリをインストルメントする方法を詳しく知りたいですか?それならこちらの概要をお読みください。