Blog Archive 3月 2019| Elastic

<

2019

<

3月

>

Elasticsearch 6.7.0では、クラスター横断レプリケーションがネイティブで利用できるようになり、本番環境で使えるようになりました。これにより、データを世界中に渡って簡単に複製できるようになります。

Elasticsearchノードのメモリを解放するために、めったに検索されないインデックスを凍結させる方法について説明します。

Elastic Stack 6.7.0リリース。Elastic Maps, Elastic Uptime, 翻訳されたKibana,などをチェックしてください。さらに、いくつかの重要な機能がGAリリースされました。

Elasticsearch 7.0.0より、ノードの回復性を大きく向上させる新しいアルゴリズムが導入されています。

デフォルトのWordpress検索エクスペリエンスをElastic Site Searchに置き換える方法をご覧ください。ほんの数回のクリックで大きく変えることができます。

7.0以降では、新しいMetricbeatモジュールを使用してCloudWatchからAWS EC2監視メトリックを収集できます。

事前にひと手間かけることで検索と分析を高速化できます。たとえるなら、"ちょっと手間をかけて美味しい料理を作る"、そんなアプローチです。

構成の簡素化、マスター選出の迅速化、スケーリングの容易化、回復力の強化を実現する、Elasticsearch 7.0の新しいクラスターコーディネーションサブシステムについて説明します。

オーストラリアの大手データ分析コンサルティングエージェンシーのAginic社が、Canvasを使用して公共の自転車シェアリングサービスをリアルタイムに追跡、表示している方法について説明します。