ビデオ&ウェビナー

言語
日本語
ソリューション&プロダクト

すべて

業界

すべて

地域

すべて

play
2024年のテクノロジー動向: Elastic検索技術と生成AIはどのように進化するのか?

近日開催予定のウェビナー

2024年のテクノロジー動向: Elastic検索技術と生成AIはどのように進化するのか?
概要

*このウェビナーはElastic米国本社が実施したもので、日本語字幕をつけてお送りする「検索」の展望をお伝えするプログラムです。

昨年、ChatGPTが広く採用されたことで、生成AIは多くの人にとって耳にすることが多くなりました。 このウェビナーでは2024年以降における動向をはじめ、最新のイノベーション、新しい機能などに焦点を当てながら、検索テクノロジーの展望を分析します。

play
2024年のセキュリティトレンド:生成AIで変わる脅威の展望

近日開催予定のウェビナー

2024年のセキュリティトレンド:生成AIで変わる脅威の展望

2024年は、厳しい警戒と戦略的手段が求められる新たなサイバーセキュリティの課題が見られるようになりました。

ESG Researchでは、最近セキュリティリーダーを対象として調査を行い、生成AIがサイバーセキュリティに及ぼす影響を調べました。Elastic Security Labsでも、長年にわたる調査の結果、新たなトレンドを含む発見がありました。

これらの調査結果に基づき、ESG社のフェロー兼ディスティングイッシュトアナリストであるジョン・オルツィック氏と、Elasticのセキュリティ担当リーダーおよびCmd Security社の共同創設者であるジェイク・キングが、2024年の主なトレンドと備え方について議論します。以下のトピックが含まれます。

play
We’re All Searching for Something: Introduction to Elastic

オンデマンドウェビナー

We’re All Searching for Something: Introduction to Elastic

多くの組織においてデータの急激な増加に伴い、膨大な情報量が複数の環境に分散し、顧客や従業員が必要なときに必要なものを正確に見つけることが難しくなっています。

こうした環境において企業のあらゆる部署でElasticを活用頂くことで、より効率的に業務が進むと共に、顧客にとって素晴らしい体験を提供することを可能にします。

このウェビナーではデータに関する大きな問題をデータ活用する機会に変える方法に加え、

Elasticが持つ3つのソリューションをデモを通じてご紹介をいたします。

play
Elasticsearchを駆使したRAGの実現

オンデマンドウェビナー

Elasticsearchを駆使したRAGの実現

Elasticsearchによる生成AIの活用 (14:00~14:20)古久保 武雄

Elasticsearch 株式会社

Principal Solutions Architect

ChatGPTで一気に認知度が上がった生成AIですが、そのまま社内の業務に取り入れるのは簡単ではありません。このセミナーでは、生成AIを使い始めるために必要となる検討事項や、データ、LLM(大規模言語モデル)、ChatGPTのような生成AIとの接続やインテグレーションに関してRAG(Retrieval Augmented Generation)のデモを交えてご紹介いたします

play
ElasticオブザーバビリティとAIがもたらすデータにある価値とは?

オンデマンドウェビナー

ElasticオブザーバビリティとAIがもたらすデータにある価値とは?

Elasticオブザーバビリティはシステムの状態の把握や障害時の MTTR (Mean Time To Recovery/平均復旧時間)の短縮を手助けします。一方、ログやメトリックスが手元にあるにも関わらず、知識や経験等がないことで素早い判断が難しいケースも出てきます。Elastic オブザーバビリティはそのような分析を手助けする AIOps の機能や、生成AIを活用した機能を提供開始しています。

play
Elasticの2023年版グローバル脅威レポートがマルウェア、エンドポイント、クラウドなどのインサイトを提供

オンデマンドウェビナー

Elasticの2023年版グローバル脅威レポートがマルウェア、エンドポイント、クラウドなどのインサイトを提供

Elasticの第2回年次脅威レポートでは、昨年の脅威の状況が脅威アクターによってどのように変化したかについて、有益なインサイトを提供しています。Elastic Security Labsの調査と専門家による脅威インテリジェンスに基づいて作成された2023年版Elasticグローバル脅威レポートは、マルウェア、エンドポイント、クラウドセキュリティなどに関するセキュリティチーム向けのガイドとして役立ちます。これらの複雑なトピックを深く掘り下げるために、Elastic Security Labsがお届けするこのウェビナーでは次の内容を取り上げます。

play
Elasticsearchによる生成AIの活用

オンデマンドウェビナー

Elasticsearchによる生成AIの活用

ChatGPTで一気に認知度が上がった生成AIですが、そのまま社内の業務に取り入れるのは簡単ではありません。このセミナーでは、生成AIを使い始めるために必要となる検討事項や、データ、LLM(大規模言語モデル)、ChatGPTのような生成AIとの接続やインテグレーションに関してRAG(retrieval augmented generation)のデモを交えてご紹介いたします

ハイライト:
play
Elasitc 8.9での新機能

オンデマンドウェビナー

Elasitc 8.9での新機能

このヴァーチャルイベントでは、Elastic 8.9 のエキサイティングな新機能と機能の更新について説明します。

より高速な検索パフォーマンス、強化された SIEM 機能、生成 AI でセキュリティ チームを強化する Elastic AI Assistant のベータ版、ハイブリッド検索のための Reciprocal Rank Fusion の技術プレビューなどを特徴とする Elastic 8.9 について詳しく説明します。

play
Elasticsearch のインジェストパイプラインの最適化

オンデマンドウェビナー

Elasticsearch のインジェストパイプラインの最適化

Elasticsearch は強力な検索・分析エンジンですが、それをどこまで活用できるかは入っているデータ次第です。このウェビナーでは、データを取り込むタイミングでデータの変換や整形する方法をお見せいたします。Elastic Stack を使ったデータの取り込み方法の紹介からはじまり、インジェストパイプラインを使うためのベストプラクティスをご紹介いたします。

主なトピック:

play
Tines and Elastic Security - Better Together

オンデマンドウェビナー

Tines and Elastic Security - Better Together

Elastic Securityを利用しているセキュリティチームの多くは、ミッションクリティカルなワークフローを最適化し、迅速かつ大規模な攻撃に対応し、アナリストの負担を軽減するためにTinesのノーコード自動化プラットフォームを利用しています。

このウェビナーに参加して、2 つの製品がどのようにシームレスに連携できるかを学びましょう。ほとんどのセキュリティチームが最優先に考える実際の例とユースケースをご紹介します。

play
Elastic machine learningの異常検知を使ってみよう

オンデマンドウェビナー

Elastic machine learningの異常検知を使ってみよう

Elastic machine learningの異常検知(Anomaly Detection)はオブザーバビリティ、セキュリティ、ビジネス分析まで幅広く使える汎用的な機械学習機能です。本ウェビナーではElasticの異常検知機能について、初めての方でも使って運用に活かせるようになるためのTipsについてご紹介します。

play
Elasitc 8.8での新機能

オンデマンドウェビナー

Elasitc 8.8での新機能

このバーチャルイベントではElastic 8.8での新機能をご紹介します。

Elastic 8.8によりモダンな検索体験、分散システムの可観測性、そして複雑な脅威への対応が可能となります。

ELSER (Elastic Learned Sparse Encoder)によるセマンティック検索、外形監視(Synthetic Monitoring)及びElastic Native Coonectorsの正式リリース、Amazon Kinesis Data Firehoseからのデータ投入などをご紹介いたします。