icon

Elastic Uptime

オープンソースの稼働状況監視

ユーザーに影響が出る前に、アプリやサービス全体にわたる可用性の問題に対応しましょう。

MarketoFEForm

Elasticアップタイムでシステムやサービスのアベイラビリティを監視する方法はこちら。

ビデオを見る

メトリックデータとElastic Stackの基本的な内容をご紹介しています。

コースを受講する

通常とは異なるレイテンシーなど、潜在的なセキュリティ異常をElasticアップタイムで発見する活用法をご紹介しています。

ビデオを見る

New

Elastic Uptime 7.8はTLS/SSL証明書を常に確認し、有効期限が終了に近づくと通知します。

コンテクストが見える

稼働中のサービスは"オン"/"オフ"で表示されても、各データポイントの周囲のデータはそうではありません。本番環境で稼働するサービスを維持するには、ステータスコードよりわかりやすいコンテクストが必要です。オープンソースのHeartbeatを搭載したElasticの"アップタイム"は、ログメトリックAPMが提供するリッチなコンテクストとアベイラビリティデータを組み合わせて活用します。シンプルな方法で点と点を結び、アクティビティ同士を関連付けて問題をすばやく解決します。

増加するサービスに対応

コンポーネントやサービスが急速に増加しているときも、パフォーマンスや稼働状況を追跡する必要があります。アベイラビリティの確認に不可欠となる「サービスXは停止中か?という質問を、Elasticのアップタイムが投げかけます。カスタム通知オプションを使った積極的な監視により、ユーザーより一足先にポジティブでエラーレスなエクスペリエンスを確認することができます。

オープンソース、開発者フレンドリー

サンプル設定を使って手軽に立ち上げ、すぐに使いはじめてみましょう。APIドリブンで軽量な設計だから、すべてのステータスコードをグリーンに保つことに集中できます。データはElasticsearchインデックスに格納され、機械学習アラートを使って異常を自動検知したり、通知することもできます。

料金

シンプルに保つ。監視の費用はゼロ。

使いはじめる方法も、スケールの方法も自由です。Elasticのプロダクトからバリューを引き出すとき、どのような制限もありません。リソース費用は必要な部分のお支払いだけでOK。思いのままにデプロイして、新しいことに挑戦できます。

はじめましょう

What just happened?

Heartbeat executes periodic checks to verify whether the endpoint is up or down, then reports this information, along with other useful metrics, to Elasticsearch. In this case, you've asked Heartbeat to check the uptime for the availability of the website https://www.elastic.co. Heartbeat then sends this data to Elasticsearch and you can see the data in the Uptime app.

Didn't work for you?

Heartbeat was set to use the default ports for Elasticsearch and Kibana in this example. See the documentation for configuration options.

Elasticアップタイムで監視する

Heartbeatがアップタイムデータを収集、シッピングする様子を確認したら、Kibanaの可視化で探索。エンドポイントの状態からエラーのリストまで、あらゆる情報がわかりやすく表示されます。

アップタイム以外にも使える、監視。

セキュリティイベントも、プロキシやファイアウォールのログも、膨大なテキストドキュメントも、Elastic Stackに投入しましょう。無料かつオープンなElasticオブザーバビリティで分析の幅が広がり、運用コストが低下。ユースケースがさらに充実します。

ログ

ログ

速くてスケーラブル、決して止まらないロギング。

APM

APM

アプリのパフォーマンスに関するインサイトを取得。

メトリック

メトリック

CPUもメモリーも、正確に把握。