エンドユーザーのデジタルエクスペリエンスに光をあてる

カスタマーベースの“デジタルネイティブ化”は急速に進んでいます。つまり、顧客は高い期待値を抱き、完璧なデジタルエクスペリエンスを求めるようになりました。RUM(リアルユーザー監視)やシンセティックトランザクション、アップタイムアベイラビリティ監視を実行すれば、問題がある領域を特定し、エンドユーザーがデジタルアセットをナビゲートする際の総合的なエクスペリエンスを向上させることが可能になります。Elasticオブザーバビリティは、エンタープライズのデジタル資産全体を通じてエンドユーザーのエクスペリエンスを向上させる手助けとなります。

クイックスタートガイド ―― Elasticオブザーバビリティで実践するユーザーエクスペリエンス監視

さらに詳しく

クイックスタートガイド ―― Elasticオブザーバビリティで実践するシンセティック監視

さらに詳しく

RUMとシンセティック監視で実現する、卓越したユーザーエクスペリエンス

ビデオを見る

ユーザーエクスペリエンスを測定する

こちらが最後のデータを送信した瞬間、エンドユーザー側ではまだリクエストが完了しておらず、依然ページのレンダリングが行われています。あらゆるリージョンとデバイスにわたって、実際のパフォーマンスをトラッキングしましょう。Core Web Vitalはサービス状況に関するレポートカードを提供するほか、検索表示順の上昇にますます重要な役割を果たしています。ユーザーエクスペリエンスデータを地理情報やブラウザー、デバイスタイプといったファセット別に、詳しく検討しましょう。興味深い事象をピンポイントで発見し、リアルユーザー監視(RUM)エージェントからくるアウトプットデータでピボットして問題を特定できます。

ユーザージャーニーをトラッキングする

Webプロパティから、ページ読み込みや、httpリクエスト、ユーザーインタラクションに関するメトリックを収集しましょう。Swiftを使うプロジェクトにモバイルエージェントをデプロイすれば、モバイルプラットフォームでもメトリック収集を実施できます。あるいはシングルページのアプリにインストルメンテーションを行って、ユーザーインタラクションやタイミングに関するデータを捕捉することも可能です。

ユーザーより先にエラーを発見

ユーザーエクスペリエンスの改善には、プロアクティブなテストの実施が欠かせません。シンセティックトランザクションの手法を活用すれば、ログインや決済のプロセスなどの、主要なユーザージャーニーを継続的にテストできます。また、シンセティックトランザクションを活用して、組織が依存する下流のサービスを検証することもできます。

サービスの可用性とヘルスを確実に保つ

単にホストやサービスの可用性をチェックする通常のpingリクエストからサービスヘルスを検証するAPIまで、アップタイム監視を活用しましょう。システムの履歴とレイテンシーをトラッキング&プロットしながら、同時にTLS証明書の問題を確認することが可能になります。

アラートを予防的に受け取る

監視プロセスで異常検知を有効化することにより、複数のリージョンにわたる異常なレイテンシーを特定できます。SLOやSLAの下限値に近づいた場合や、その他の異常な振る舞いが発生した場合にお好みの方法で通知を受け取りましょう。

デジタルエクスペリエンス監視を始める

Elasticオブザーバビリティで実施できるリアルユーザー監視と、シンセティック監視の機能をすべてご紹介します。

  • リアルユーザー監視

    エンドユーザーを測定、追跡してアプリを最適化しましょう。

  • シンセティック監視

    ユーザー体験をテストし、顧客エクスペリエンスの向上に活かせます。