AIOps によって異常検知を自動化し、速やかな原因分析を実現

大規模なオブザーバビリティデータセットを一括処理して、ビジネスに最も関連性の高い情報を速やかに特定できます。Elasticオブザーバビリティでは、コンテキストを意識した生成AIと高度な機械学習を利用して、手間のかかるトラブルシューティングを減らし、トリアージ作業を効率化できるため、チームスタッフはイノベーションや将来への改革に集中して取り組むことができます。

オブザーバビリティ実施に際してAIOpsが必要となる理由

視聴する

Elastic、「The Forrester Wave™:AIOps, Q4 2022」でStrong Performerに選出

レポートを読む

DISH MediaはElasticオブザーバビリティと機械学習を利用して原因分析を効率化

ケーススタディを読む

AI駆動のインサイトでSREを強化

Elasticオブザーバビリティによる生成AIと高度な機械学習を組み合わせることで、独自のデータと手順書に基づき、コンテキストを意識した相互作用的なチャットエクスペリエンスを可能にします。Elastic AI Assistantは、ログメッセージとエラーの解釈を支援し、コードの効率を最適化する提案を提供でき、手順書の特定と実行さえも支援します。早期問題解決、コラボレーション改善、ナレッジサイロ開放、および全ユーザーへの権限付与を可能にすることで、チームはより良いソフトウェアを構築することに専念できます。

videoImage

外れ値と傾向のプロアクティブ検知

ビジネスでも運用でも、教師ありと教師なしの機械学習を任意のタイプのログ、トレース、イベント、メトリックデータに適用できます。外れ値と異常の検知、傾向の予測、パターンの発見、ログの分類などに加え、ドメイン固有の機能を利用できます。充実したオープンライブラリから、そのまま使用できカスタマイズにも対応する機械学習モデルを選択することも、独自のモデルを構築してテストし、デプロイすることもできます。リリース間の回帰を自動的に検出して、変化の激しいマイクロサービスベースのクラウドネイティブ環境でアプリやインフラに加えられた変更が下流にもたらす影響を特定できます。

Screenshot

データのパワーを解き放つ

パフォーマンスと拡張性に優れた機械学習エンジンを使用して、数ペタバイトものオブザーバビリティデータを数分以内に処理し、答えを導き出します。一般的なユースケースに合わせて事前に構成された100以上のモデルや、使いやすいウィザードベースのワークフローによるカスタマイズ機能、統合されたデータ探索ツールによって、データサイエンティスト以外の職員、たとえばSREチームやビジネスユーザーも、機械学習と分析を活用することができます。スキルのあるユーザーは、オープン機械学習モデルを使用して「機械学習の仕組み」を学び、必要に応じてカスタマイズすることができます。

Screenshot

問題解決のスピードアップ

アプリケーションとインフラのデータセットの属性のうち、高遅延やエラーを起こしたトランザクションと相関性があるものと、サービスパフォーマンス全体に最も顕著な影響を与えているものを自動的に明らかにします。機械学習ベースの関連付けによってオブザーバビリティデータ内の未知の不明要素を特定し、原因の早期発見に役立てることができます。構造化されていない数百万行ものログデータを、自動ログ分類によってわずか数個のカテゴリーに減らすことで、イベントを短時間で分析して措置を講じることができます。自動異常検知によって、ログ、サービスのパフォーマンス低下、ログレートの低下、異常なトランザクションアクティビティ、リソース利用率の急増などの問題を検知できます。

Screenshot

ワークフローとインシデントの管理によるアラートの効率化

特定の条件を満たす異常が検知されたときに、状況に応じたアラート通知が行われます。Elasticオブザーバビリティで直接サービスの問題を作成し、トラッキングすることで、インシデント管理プロセスを開始するケースを作成できます。PagerDutyやServiceNow、Jira、Microsoft Teams、Slack、メールに対応する内蔵の統合機能群を使用して、アラートをアクションに結び付けましょう。Elastic StackのパワフルなWebフックアウトプットを活用して、組織内で重要度が高いサードパーティのシステムと接続し、チームのワークフローに統合することも可能です。

Screenshot

テクノロジー運用を最先端化する、フルスタックのオブザーバビリティソリューション

単一のスタックで、ログ、メトリック、およびAPMトレースを大規模に統合します。

  • アプリケーションパフォーマンス監視(APM)

    開発のスピードを上げ、アプリコードの質を高めます。

  • インフラ監視

    大規模なインフラ監視をシンプルに実行します。

  • ログ監視

    デプロイするだけで、大規模にログを管理できます。