ユニバーサルプロファイリング

カーネルから高レベルのコードまで、アプリを監視・最適化

全体をすべてまとめてプロファイリングできます。eBPFテクノロジーを利用したスムーズな常時オンのプロファイリングにより、システム全体の複雑なクラウドネイティブ環境を可視化しましょう。アプリケーション、サービス、インフラストラクチャーのすべてのレベルにおいて、インストルメンテーションなしでパフォーマンスを最適化できます。

Elasticオブザーバビリティ - ユニバーサルプロファイリングのフレームグラフ

ユニバーサルプロファイリングのリリースに関するブログ記事で詳しい情報をご確認いただけます。

さらに詳しく

Elasticが2022 Gartner Magic Quadrant for APMで「Visionary」評価を獲得した理由について、詳しく解説しています。

さらに詳しく

オブザーバビリティ成熟度評価を実施し、オブザーバビリティ対策の問題点を特定しましょう。

評価を行う

継続的プロファイリング

システム全体のプロファイリングを24時間、365日実行し、あらゆるレベルで比類ない可視性を提供します。プロファイリング対象のシステムに支障を与えることなく(CPUオーバーヘッド1%未満)、カーネルからユーザー空間のネイティブコード、高レベルのランタイムで実行されているコードまでを含むスタックトレースを作成できます。アプリのソースコード変更やインストルメンテーションは不要です。

パフォーマンスを容易に最適化

レスポンシブで使いやすいフレームグラフにより、1つのダッシュボードでシステム全体のパフォーマンスを調査できます。クラウドネイティブアプリのために、最も負荷の高いコード行の特定、CPUリソース効率の向上、パフォーマンス低下のデバッグ、クラウド費用の削減を迅速かつ容易に行うことができます。

柔軟でスムーズなデプロイ

プロファイリングのために、アプリのソースコードの変更やインストルメンテーションなどの干渉的な操作を行う不要はありません。エージェントをデプロイするだけで、数分後にプロファイリングデータを受信できます。エージェントは、ネイティブバイナリまたは特権Dockerコンテナーとして手動で実行することが可能です。また、クラスターのオーケストレーションフレームワークを使用して、自動的にデプロイすることもできます。

幅広いエコシステムのサポート

プロファイリングは、複数の言語が混在するトレースをサポートしており、PHP、Python、Java(またはその他のJVM言語)、Go、Rust、C/C++、Node.js/V8、Ruby、Perlなど、ほとんどの一般的な言語のランタイムに対応しています。さらに、主要なコンテナー化フレームワークとオーケストレーションフレームワークを全面的にサポートしており、オンプレミスで実行している場合でも、GKE、AKS、EKSなどのマネージドプラットフォームで実行している場合でも使用できます。

システム全体の継続的プロファイリング以外にもいろいろ、ワークロード監視の手法

単一のソリューションでインフラ、ログ、ユーザーを監視できます。

  • インフラ監視

    大規模なインフラ監視をシンプルに実行します。

  • ログ監視

    効率的でスケーラブルなログのデプロイと管理を実践すれば、DevOpsとSREの業務はもっとスムーズになります。

  • リアルユーザー監視

    エンドユーザーを測定、追跡してアプリを最適化しましょう。

  • シンセティック監視

    ユーザー体験をテストし、顧客エクスペリエンスの向上に活かせます。