ツール統合で、複雑性の緩和を図る

気付けばメトリック、ログ、トレースにバラバラなツールが使われている ―― そんな状況は珍しくありません。増殖するツールの管理は大変な作業です。この問題について、「組織内のプロジェクトやチームごとにまったく異なるツールセットを使う」というアプローチでお茶を濁してしまうと、どうなるでしょうか?“ツールのサイロ”がチーム間のコラボレーションを妨げ、死角を生み出し、MTTDやMTTRが長引き、開発生産性が失われ、コストが増大することになります。

Elasticオブザーバビリティのクイックスタートガイド

さらに詳しく

ユースケース:単一画面でのMoM(Monitor of Monitoring)を実践するSAPの取り組み

視聴する

検索でビジネスデータに潜む解を発見し、成長機会を把握する

さらに詳しく

一元的なオブザーバビリティで、根本原因分析をすばやく実施

すべてのオブザーバビリティデータを、一体型ソリューションに統合しましょう。クラウドやオンプレミスのインフラと、そこで実行されるアプリやサービスのデータを含むオブザーバビリティテレメトリデータを、1つの画面上に表示できます。

illustration-infra-swiss_army_knife.svg
illustration-infra-swiss_army_knife.svg

大量のウインドウと決別

Elasticオブザーバビリティは、異常検知からアラート、トリアージ、データ探索まで、あらゆるタスクで信頼できる“唯一の情報源”となります。学習して、保守するツールは1つだけ。パフォーマンスの問題の特定からエンドユーザーのデジタルエクスペリエンスの向上まで、これ1つで完結します。

高カーディナリティデータで問題をすみやかに特定

Elastic Common Schema(ECS)はソースを問わずテレメトリデータを正規化し、共通の規格化された形式へ変換します。たとえばオブザーバビリティの異なるファセット間ですばやくメタデータを変換して、問題やパフォーマンスのボトルネック、リグレッション、あるいは環境内の不整合性を特定する必要がある場合に役立ちます。

雪だるま式に増える料金体系から卒業

動的でクラウドネイティブなパタンやマイクロサービスへの移行にシフトしている今、エージェント数、ホスト数、イベント数に応じて費用が増えるライセンスモデルは、スケーラブルとは言えません。リソースベースの料金体系を採用するElasticオブザーバビリティなら、ビジネスの成長と共にオブザーバビリティソリューションをスケールさせ、保持するデータを完全に制御することができます。結果的に総保有コストが低下するだけでなく、投資利益率が早期にプラスに転じます。

監視ソリューションにではなく、ビジネスに力を注ぐ

大多数のライセンスモデルは、事前購入型です。つまり、負荷のピーク予測から逆算して十分なライセンスを購入する必要があり、あるはブラックフライデーやサイバーマンデーなどで急にスケールアップする必要があるときも、べったり監視せずに実行できるか考えておかなければなりません。Elasticの料金体系なら、負荷がピークに達しているときも、ビジネスに集中したまま、運用をサポートできます。購入したライセンスが足りるかどうか、心配する必要はありません。

ツール数を抑え、可視性を高めてコラボレーションを育む、フルスタックのオブザーバビリティ

複数の監視ツールを使わなくても、フルスタックかつモダンな1つのソリューションで完結します。Elasticオブザーバビリティにおまかせください。

  • アプリケーションパフォーマンス監視(APM)

    開発のスピードを上げ、アプリコードの質を高めます。

  • インフラ監視

    大規模なインフラ監視をシンプルに実行します。

  • ログ監視

    デプロイするだけで、大規模にログを管理できます。