icon

Elastic Workplace Search content sources

人気のコンテンツプラットフォームで簡単に検索

Elastic Workplace Searchライブラリに多数の内蔵コネクターが揃っています。業務で使うアプリをコネクターでシームレスに接続して、それぞれのアプリでコンテンツを検索する手間を省きましょう。

Elastic Workplace Searchをダウンロード(無料)

Workplace Searchで信頼できる唯一の情報源を作成しましょう。

さらに詳しく

Workplace Searchの導入方法はこちら。

ビデオを見る

Elastic Enterprise Searchでセルフサービスの向上と、すばやいコンテンツ検索を実現することができます。

さらに詳しく

New

7.13よりElastic Workplace Searchに新機能を搭載したコネクターが登場。DropboxとDropbox Paperをより効果的に活用できます。

一元化

Workplace Searchのコンテンツソースファミリー

あらゆるコンテンツソースのコンテンツと重要情報を自動で捕捉、同期、インデックスします。

Elastic Workplace Search Boxコネクター

Box

保存されたファイル、メタデータなど
Elastic Workplace Search Confluence CloudおよびConfluence Serverコネクター

Confluence

スペース、ページ、ブログ投稿など
Elastic Workplace Search Dropboxコネクター

Dropbox

保存されたファイル、メタデータなど
Elastic Workplace Search Dropbox Paperコネクター

Dropbox Paper

保存されたファイル、メタデータなど
Elastic Workplace Search GitHubコネクター

GitHub

問題、プルリクエスト、レポジトリなど
Elastic Workplace Search Gmailコネクター

Gmail

件名行、電子メールコンテンツなど
Elastic Workplace Search Google Driveコネクター

Google Drive

Google Workspaceドキュメント、保存されたファイルなど
Elastic Workplace Search Jira CloudおよびJira Serverコネクター

Jira

エピック、プロジェクト、問題など
Elastic Workplace Search Microsoft OneDriveコネクター

OneDrive

保存されたファイル、メタデータなど
Elastic Workplace Search Salesforceコネクター

Salesforce

連絡先、商談案件、リード、サンドボックスなど
Elastic Workplace Search ServiceNowコネクター

ServiceNow

ユーザー、インシデント、記事など
Elastic Workplace Search Microsoft SharePointコネクター

SharePoint

サイト、保存されたファイルなど
Elastic Workplace Search Slackコネクター

Slack

チャンネル、会話など
Elastic Workplace Search Zendeskコネクター

Zendesk

チケットコンテンツ、ステータス、優先度など
Elastic Workplace Searchカスタムコネクター

その他すべて

カスタムソースAPIは他のすべてのデータソースに接続します

多目的

あらゆるカスタムソースに接続

組織独自のデータソースや、レガシーアプリケーションの検索ニーズがおありですか?Elasticにより事前構築されたカスタムAPIソース機能を使って、シンプル&簡単に接続しましょう。メインストリームアプリケーションと同様、専有ソースも簡単に串刺し検索できます。

2 + 2 = 5

組み合わせて、よりよく

チームが使う業務用アプリには、価値あるインサイトやコンテンツが眠っています。しかしその真価を引き出すには、情報と情報を結びつけ、必要な場面でアクセスできるようにしなければなりません。そこでWorkplace Searchの出番です。どれほど混沌としていても、手軽に組織のソースを横断して検索したり、ロールに応じて関連性をカスタマイズしたりできます。

関連性をパーソナライズ

カスタマイズされた安全な検索エクスペリエンス

ロールやチームに応じてカスタマイズできる関連性調整機能を使って、検索結果をパーソナライズできます。開発から技術、営業部門に至るまで、すべてのメンバーにより有意義な情報を届けましょう。また、セキュリティ機能が一層強化されました。すべてのユーザーに適切な情報だけを確実に表示します