サポート一覧表

下記の表は、Elasticのサブスクリプションが定めるサポートの対象となるプラットフォームとソフトウェア構成を表示 しています。詳しくは、Elasticの サポートポリシーおよびプロダクトEOL/サポート終了日をご確認ください。 

お気に入りのプラットフォームやJVM、ブラウザーがリストにない場合は? お気軽にお問い合わせください。

Elasticのソフトウェアをダウンロードするには、TLSv1.2以上が必要です。一部の古いOS(またはapt-getないしyumが使用するそのlibcurl、curl、 nssライブラリ)を使用する場合、インストールパッケージを使ってファイルをダウンロードするには、TLSv1.2をサポートするバージョンにアップグレードすることが 必要となる場合があります。詳しくはお使いのOSのドキュメントを ご確認ください。

Elasticsearch

最終更新日:2024-01-17

7.12リリース以降、x86_64と同一の配布パッケージでaarch64がサポートされます。

dm-crypt経由のElasticsearch保存データの暗号化は、すべてのLinux OSでサポートされます。

Linuxディストリビューションの一覧に対するサポート要件として、ネイティブLinuxのインストールが必要です。一例として、Windows Subsystem for Linux(WSL)はサポートされません。

*リストされたすべてのバージョンとOracle UEKは、Elasticsearch 6.8.x以降、RHELカーネルでサポートされます。

**Zip/tar.gzアーカイブのみです。RPMのサポートは、SLES 11ではサポートされません。

***Elasticはサポートプロセスの一環として、Amazon Linuxのより新しいバージョンへの移行を要請する場合があります。

‡ CentOS 6、RHEL 6、Oracle Enterprise Linux 6はglibcの非互換性を理由に、バンドルされたJDK 15以降をサポートしません。

FIPS 140-2モードにはOracle JDK 11および、Bouncy Castle BCJSSE FIPSセキュリティプロバイダーが必要です

17.17.5以前の7.17.xバージョンではサポートされません

Kibana

最終更新日:2024-01-17

7.10リリース以降、x86_64と同一の配布パッケージでaarch64がサポートされます

Linuxディストリビューションの一覧に対するサポート要件として、ネイティブLinuxのインストールが必要です。一例として、Windows Subsystem for Linux(WSL)はサポートされません。

Logstash

最終更新日:2024-01-17

7.14リリース以降、x86_64と同一の配布パッケージでLinux上のaarch64がサポートされます

*Elasticはサポートプロセスの一環として、Amazon Linuxのより新しいバージョンへの移行を要請する場合があります

**Zip/tar.gzアーカイブのみです。RPMのサポートは、SLES 11ではサポートされません。

***CentOS 6、RHEL 6、Oracle Enterprise Linux 6はJDK 15以降をサポートしません。

Auditbeat

最終更新日:2024-01-17

Filebeat

最終更新日:2024-01-17

Functionbeat

最終更新日:2024-01-17

Heartbeat

最終更新日:2023-11-07

Metricbeat

最終更新日:2024-01-17

Packetbeat

最終更新日:2024-01-17

Winlogbeat

最終更新日:2024-01-17

* Elasticのサポートプロセスの一環として、弊社はAmazon Linuxのより新しいバージョンへの移行をお願いする場合があります。

** サーバーレスフレームワークへのFunctionbeatのデプロイで、バンドルされたCLIに対し互換性があります。Functionbeatは、8.5のリリースから12か月後にサポート終了となる点にご注意ください。サーバーレス環境でデータインジェストを実行するユーザー向けの後続プロダクトは、Elastic Serverless Forwarder(一般提供)です。

ユーザーはLinux PPC/PPC64LE、Solaris/SmartOS、FreeBSD上で、サポート範囲外のセルフコンパイルを実行できます。

Beats 8.0以降では、Homebrewパッケージを使用することができません。ご注意ください。

8.0以降では、Beatsは32ビットのオペレーティングシステムをサポートしません。

Elastic Agent

最終更新日:2024-01-17

OSによっては、サポート対象外のインプットと統合機能があります。詳しくは、ドキュメントをご覧ください。

7.16リリース以降、x86_64と同一の配布パッケージでLinux上のaarch64がサポートされます。

MacOSバイナリは、8.2+リリースの時点でx86_64とaarch64をサポートし、AppleのM1とM2チップセットに対応しています

Google Container Optimized OSバージョン:cos97-lts

Elastic Agentは、表に記載されているWindows Serverと同等のWindows Server Datacenter Coreでもサポートされています

Elastic Agentは32ビットのオペレーティングシステムでサポートされません。

Elastic AgentはWindows Powershell ISEでサポートされません

7.17.16リリースおよび7.17.xリリース以降では、MacOS 10.14、10.15、CentOS 8、Debian 9、Windows Server 2012がサポートされません

Elastic Defend

最終更新日:2023-11-07

* Intel/x64限定

Linux ARMのサポートは7.16以降のみ、かつ5.4以降のカーネルが必要です

** AWS Gravitonサポートを含む

Endgame Sensor

最終更新日:2023-07-25

*Endgame Sensor 3.51-3.54は、32ビット、および64ビットアーキテクチャーをサポートします。3.54の後続のバージョン以降は、64ビットアーキテクチャーのみサポートします(下記注のとおり、Windows 7 SP1は例外)。

**3.60以前は、Windows 7 SP1の64ビットおよび32ビットシステムをサポートします。3.61以降は、Windows 7 SP1をサポートしません

***macOS 12のサポートには、バージョン3.60.2以降のセンサーが必要です

‡ RHEL9、Ubuntu 22.04、macOS 13のサポートには、バージョン3.62.5以降のセンサーが必要です

≠ MacOS 14のサポートには、バージョン3.64.4以降のセンサーが必要です

指定がない限り、すべてのバージョンにおけるデフォルトサポートは64ビットです。またARMプロセッサーは、WindowsおよびLinux OSではサポートされません。Apple M1チップセットはサポートされます。

Elastic Cloud Enterprise

最終更新日:2023-07-25

* ECE 2.6以降はこれらのプラットフォーム上で積極的に認証されていないため、裁量的なサポートに限定されます

** ECE 3.5.1およびそれ以降のバージョンは、ARMベースのハードウェアに対応する際立ったOSの組み合わせにおいてもサポートされます

上記に指定されていないOSはサポートされません

サポート対象のDockerおよびLinuxカーネルバージョン:
- ECEは、すべてのメモリcgroupに対し、カーネルメモリ計算の無効化を要求します。ブート時、カーネルに`cgroup.memory=nokmem`をパスすることにより無効化できます。

APMサーバー

最終更新日:2024-01-17

8.0リリース以降、x86_64と同一の配布パッケージでLinux上のaarch64がサポートされます

* Elasticはサポートプロセスの一環として、Amazon Linuxのより新しいバージョンへの移行を要請する場合があります

** APM Server 8.0以降では、Homebrewパッケージを使用することができません

*** 32ビットシステムに対するサポートは廃止予定となっており、今後のリリースでは廃止されます。

最終更新日:2020-02-11

バージョン7.7.0より、App Searchはエンタープライズサーチのパッケージで提供されます。

エンタープライズサーチ

最終更新日:2024-01-17

コネクタークライアント

最終更新日:2024-01-17