地理空間分析のためのElastic Maps

地理空間分析向けの新たなKibanaアプリケーションとして、Mapsをご紹介します。地理データはあらゆるところで使用されており、多数あるユースケースのなかでも重要な位置を占めています。MapsはElasticsearchの支援のもとで、ユーザーがこれまでになかった形で、リアルタイムで地理データを大規模に分析できるようにします。

複数のインデックスやレイヤーといった機能、個々のポイントや形状をマッピングする機能、動的なクライアントサイドスタイリングにより、ユーザーは地理空間データを次の次元に引き上げることができます。すぐに使えるベースレイヤーのマップとElastic Maps Serviceのベクターシェイプを使用することも、ユーザー自身がマップをカスタマイズすることもできます。ElasticはMapsによって、ユーザーの地理データに完全な可視性を付与します。

アジェンダ:

  • Mapsの概要
  • ユースケース
  • 地理的ポイントや形状の生データをマッピングする機能、複数のインデックスやレイヤーのサポート、クライアントサイドスタイリングなどの主要機能
  • デモ:複数レイヤーのマップをゼロから作成する

本動画は英語です。日本語字幕はございません。

参考情報:

Alex Francoeur

Thomas Neirynck

Software Engineer

Elastic

ビデオをみる

You'll also receive an email with related content