サーバーレス環境を発見、監視する

サーバーレスアーキテクチャー向けに、イベントドリブンなワークロードをスケジュール設定しましょう。ワンランク上のオンデマンドタスク処理が実現します。Elasticオブザーバビリティなら、サーバーレスなアクティビティについても既存の環境と同水準のインサイトを受け取ることができます。サーバーレスな呼び出しからログとメトリックを収集し、サーバーレス関数のトレースと結び付けてみましょう。

オブザーバビリティソリューションの導入時に考慮すべきポイントを、eブックで詳しくご覧ください。

eブックをダウンロード

AWS Lambda機能を追跡して、包括的なエンドツーエンドの可視性を得ましょう。

さらに詳しく

AWS CloudwatchとElasticオブザーバビリティを活用して、環境を監視してみましょう。

さらに詳しく

サーバーレスアプリの一元的な可視性を確立

各呼び出しでデータを収集することで、低速稼働中のAWS Lambda機能、コールドスタート、障害を特定します。サーバーレス環境で生成されたログとメトリックとその他のテレメトリデータを統合すれば、単一のプラットフォームで一元的なオブザーバビリティが実現します。

screenshot-elastic-serverless-forwarder-architecture.png
screenshot-elastic-serverless-forwarder-architecture.png

サーバーレス環境に一歩踏み込む

クラウドのメッセージキューやストリームから直接ログやメトリックを収集、監視して、クラウドのデプロイを最適化しましょう。完全にサーバーレスなワークフローにも対応しています。イベントドリブンな処理を実装して、メッセージキューからストリーミングされるデータの分析やエンリッチ化により、トラブルシューティングを容易にします。

サーバーレス関数をマッピング

サーバーレス関数を、機械学習で駆動する設定不要のヘルス指標と共にサービスマップに表示してみましょう。サーバーレス関数と他のインストルメンテーション済みサービス間の関係性を把握して、どのサービスが使用しているかや、何を呼び出しているかを可視化することができます。

ドリルダウンで詳しく調査

サーバーレス関数にインストルメンテーションを行ってトレーシングを実施し、サーバーレスな呼び出しをコンテクスト内で把握しましょう。他のサービスのコンテクストから、レイテンシーの問題やコールドスタートと共にエラーや例外を特定できます。

閾値ベース、異常ベースのアラートを活用

サーバーレス関数の問題を特定したり、アラートを受け取ったりする方法は、コンテナー化されたコードの場合と変わりません。同じ検知とアラートのメカニズムを使って、実施できます。

サーバーレス環境でのデータ分析

サーバーレスのメタデータを細分化して、他のオブザーバビリティデータと相関させます。コールドスタートの影響をフィルタリング、比較、分析することでサーバーレス関数の構成を最適化し、アプリケーションのパフォーマンスの問題をデバッグします。

サーバーレスアプリへのエンドツーエンドの可視性

Elasticオブザーバビリティで、クラウドで稼働するサーバーレスアプリのパフォーマンスの全体像を把握しましょう。

  • Elasticオブザーバビリティ

    単一のスタックで、ログ、メトリック、およびAPMトレースを大規模に統合します。

  • クラウドネイティブ

    クラウドネイティブなテックスタックに、一元的でアクション可能なオブザーバビリティを構築します。

  • クラウド監視

    ますます複雑化するハイブリッドクラウド、マルチクラウドのエコシステム内で問題を予防的に検知し、解決します。