クラウドへの移行を加速させる

リフト&シフトを採用するケースでも、レガシーのワークロードをマイクロサービスにリファクタリングするケースでも、また完全に再構築してレガシーのワークロードを引退させるケースでも、デジタルトランスフォーメンションとクラウドへの移行は密接に関わっています。エンドユーザーはデジタルサービスへの依存を深めており、ますます質の高いエクスペリエンスを求めています。ハイブリッドな環境への深い可視性を構築するオブザーバビリティソリューションを導入することによって、移行の取り組みを加速させることができます。

クラウドのトレンドと、オブザーバビリティでハイブリッドクラウド活用と効率的な運用が可能になる仕組み

ウェビナーを見る

ネイティブなElasticsearch統合機能を使って、Microsoft Azureのインフラとワークロードを監視できます。詳しい解説をご覧ください。

視聴する

Elastic Stackで導入する、マルチクラウドのためのオブザーバビリティ

視聴する

クラウド環境&オンプレミス環境を横断して監視

組織のトポロジーがシングルクラウドでも、マルチクラウドでも、ハイブリッドクラウドでも、Elasticオブザーバビリティにおまかせください。便利なツールや統合機能群を使って、問題をすばやく検知、および解決するために必要な可視性を構築できます。またデータ主権の見地から、組織はデータを自社システムの近くに保持することが認められています。この行使は、データグラビティの創出や不要なコストやオーバーヘッドの引き下げに役立ちます。

Screenshot

組織のエコシステムへの鋭いインサイト

相関付けし、コンテクスト化したテレメトリデータを活用して、物理ホストや仮想ホスト、あるいはクラウドに構築したインフラ上のすべてのホストを把握しましょう。コンテナーやKubernetesポッド、ワークロードをあらゆる次元で分析できます。たとえば、カラーコードを使うヒートマップやメトリックの並べ替え機能を使って問題のある箇所をすばやく特定し、関連するログやトレースから詳しく分析する、といったことも可能です。 

Screenshot

データ量が膨大でも、まったく問題ありません。

Elasticsearchのパワーが支える堅牢な検索やフィルタリング、グループ化機能におまかせください。クラスター横断検索を使うと、すべてのデータを検索できます。またデータティアを活用してコストを抑えることができるだけでなく、データライフサイクルを完全に管理できます。クラウドプロバイダーやアベイラビリティゾーン、サービスタイプなど、使用するビューに応じて、関連性や事前定義済みのフィールド別にデータをグループ化することも可能です。お好みに応じて、デフォルトやカスタムのあらゆるメタデータを使用することもできます。グループ化が完了したら、後でまた使えるように「お気に入りのビュー」に保存しましょう。

Screenshot

サービス依存性をマッピングして、シームレスな統合を実現

ワークロードの実行場所を問いません。呼び出すサービスが分散されていても、組織のデジタルフットプリントの外部にあっても、問題ありません。サービスマップを使うと、アプリのサービス全体にわたって点と点が結び付きます。つまり、すべての監視データをコンテクスト情報と統合して相関付けすることで、問題が生じている箇所や関連するログ、アプリのトレースをすばやく特定できます。

Observability service map, for monitoring application data with Elastic

確信をもって、クラウドへ移行するために

最新のクラウドネイティブなテクノロジーと、すべての主要パブリッククラウドプラットフォームをサポートするフルスタックのオブザーバビリティソリューションを導入して、クラウドへの移行を成功させましょう。  

  • Elasticオブザーバビリティ

    単一のスタックで、ログ、メトリック、およびAPMトレースを大規模に統合します。

  • クラウドネイティブ

    クラウドネイティブなテックスタックに、一元的でアクション可能なオブザーバビリティを構築します。

  • クラウド監視

    ますます複雑化するハイブリッドクラウド、マルチクラウドのエコシステム内で問題を予防的に検知し、解決します。