Elasticsearch、Kibana、およびBeatsでKafkaを監視 | Elastic Blog
エンジニアリング

Elasticsearch、Kibana、およびBeatsでKafkaを監視

FilebeatでKafkaを監視することに関するブログを初めて投稿したのは、2016年でした。6.5リリース以降、BeatsチームはKafkaモジュールをサポートしています。このモジュールは、Kafkaクラスターの監視に関する多くの作業を自動化します。

このブログでは、FilebeatおよびMetricbeatのKafkaモジュールでログおよびメトリックデータを収集することについて取り上げます。それらのデータをElasticsearch Serviceでホストされたクラスターに投入し、 Beatsモジュールによって提供されるKibanaダッシュボードで確認します。

このブログではElastic Stack 7.1を使用します。環境の例についてはGitHubで提供されています。

モジュールを使用する理由

Filebeatモジュールを使用すると、ログ収集のセットアップが簡素化されます。複雑なLogstash Grokフィルターで作業したことがある人なら誰でも、そのシンプルさに感謝するはずです。それ以外にも、監視の構成においてモジュールを活用することには利点があります。

  • ログおよびメトリック収集の構成の簡素化
  • Elastic Common Schemaによるドキュメントの標準化
  • 最適なフィールドデータタイプを提供する実用的なインデックステンプレート
  • 適切なインデックスサイズ。BeatsはロールオーバーAPIを使用することで、Beatsインデックスに関して健全なシャードサイズを維持できるようにします。

FilebeatおよびMetricbeatがサポートするモジュールの全一覧についてはドキュメントを参照してください。

環境の導入

ここでのセットアップ例は、3つのノードのKafkaクラスター(kafka0、kafka1、およびkafka2)で構成されています。それぞれのノードはKafka 2.1.1、およびFilebeatとMetricbeatを実行してノードを監視します。BeatsはクラウドIDを通じて構成されており、データをElasticsearch Serviceクラスターに送信します。FilebeatおよびMetricbeatに同梱されているKafkaモジュールは、ビジュアライゼーションのためにKibana内でダッシュボードをセットアップします。ちなみに、自身のクラスターでこれを試す場合は、すべての機能が備わったElasticsearch Service14日間無料トライアルを使用できます。

Beatsのセットアップ

次に、Beatsを構成し、実行します。

Beatsサービスのインストールと有効化

入門ガイドに従って、FilebeatMetricbeatの両方をインストールします。Ubuntu上で実行するため、APTリポジトリを使用してBeatsをインストールします。

wget -qO - https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch | sudo apt-key add -
echo "deb https://artifacts.elastic.co/packages/7.x/apt stable main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/elastic-7.x.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install filebeat metricbeat
systemctl enable filebeat.service
systemctl enable metricbeat.service

Elasticsearch ServiceデプロイのクラウドIDの構成

Elastic CloudコンソールからクラウドIDをコピーし、FilebeatMetricbeatの出力の構成に使用します。

クラウドIDのコピーと構成

CLOUD_ID=Kafka_Monitoring:ZXVyb3BlLXdlc...
CLOUD_AUTH=elastic:password
filebeat export config -E cloud.id=${CLOUD_ID} -E cloud.auth=${CLOUD_AUTH} > /etc/filebeat/filebeat.yml
metricbeat export config -E cloud.id=${CLOUD_ID} -E cloud.auth=${CLOUD_AUTH} > /etc/metricbeat/metricbeat.yml

FilebeatとMetricbeatでKafkaおよびシステムモジュールを有効化

次に、両方のBeatsでKafkaおよびシステムモジュールを有効化する必要があります。

filebeat modules enable kafka system
metricbeat modules enable kafka system

有効化すると、Beatsセットアップを実行することができます。これにより、モジュールで使用するインデックステンプレートとKibanaダッシュボードが構成されます。

filebeat setup -e --modules kafka,system
metricbeat setup -e --modules kafka,system

Beatsを開始

すべてが構成されました。FilebeatとMetricbeatの実行を開始しましょう。

systemctl start metricbeat.service
systemctl start filebeat.service

監視データの確認

デフォルトのロギングダッシュボードには以下が表示されます。

  • Kafkaクラスターで見られた最近の例外。例外は、例外クラスと例外の完全な詳細によってグループ化されます
  • レベルごとのログスループットの概要と、ログの完全な詳細

監視データを表示するデフォルトのロギングダッシュボード

    FilebeatはElastic Common Schemaに従ってデータを投入します。データはホストレベルまでフィルターすることができます。

    クラスごとのスタックトレース数を示す折れ線グラフ

    Metricbeatのデータを基にしたダッシュボードには、Kafkaクラスター内における任意のトピックの現在の状態が表示されます。また、ダッシュボードを単一のトピックにフィルターするドロップダウンもあります。

    Kafkaクラスターの概要を表示する、Metricbeatのデータを基にしたダッシュボード

    コンシューマーのラグとオフセットのビジュアライゼーションは、特定のトピックに関してコンシューマーに遅延が発生しているかどうかを示します。パーティションごとのオフセットは、単一のパーティションに遅延が発生しているかどうかを示します。

    デフォルトのMetricbeat構成では、2つのデータセット(kafka.partitionおよびkafka.consumergroup)が収集されます。これらのデータセットは、Kafkaクラスターとそのコンシューマーの状態に関するインサイトを提供します。

    kafka.partitionデータセットには、クラスター内のパーティションの状態に関する完全な詳細が含まれます。このデータは次のために使用することができます。

    • パーティションがどのようにクラスターノードにマッピングされているかを示すダッシュボードの構築
    • 同期レプリカのないパーティションに関するアラート
    • パーティション割り当ての経時的な追跡
    • パーティションのオフセット制限の経時的な視覚化

    以下が完全なkafka.partitionのドキュメントです。

    クラスター内の完全な詳細を示す、完全なkafka.partitionのドキュメント

    kafka.consumergroupデータセットは、単一のコンシューマーの状態を捕捉します。このデータは、単一のコンシューマーがどのパーティションを読み取っているかを示すことや、そのコンシューマーの現在のオフセットを示すために使用できます。

    単一のコンシューマーの状態を示すkafka.consumergroupドキュメント

    まとめ

    FilebeatおよびMetricbeatモジュールは、Kafkaクラスターの監視をセットアップする簡単な方法を提供します。一般的に、Beatsモジュールはログおよびメトリック収集の構成を簡素化します。多くのモジュールが、そのデータを活用するためのサンプルダッシュボードを提供します。また、FilebeatおよびMetricbeatは、最適なパフォーマンスになるようにElasticsearchインデックスもセットアップします。今すぐ、FilebeatMetricbeatをダウンロードして、Elasticsearch ServiceまたはローカルのElasticsearchクラスターにログとメトリックの送信を開始することができます。