Elastic&Google Cloud、強化されたデータ統合機能をリリース

blog-thumb-cloud-gcp.png

Elasticは、Google Cloudとの継続的なパートナーシップを通じてリリースされた最新の開発成果について発表しました。本日はその内容と、データのストリーミングや格納、検索、分析に際し、一連の機能を活用する具体的な方法について解説します。現在、DevOpsとDevSecOpsを遂行するジョイントユーザーは、付加的なソフトウェアをインストールしたり、YAMLファイルを設定したりすることなく、BigQuery、Google Cloud Storage、またはPub/SubからElasticにデータをシッピングするネイティブ統合機能を利用することができます。一連の統合機能を活用することで、ユーザーは付加的なソフトウェアのインストールや保守、あるいは設定といった運用上のオーバーヘッドを負担する必要がなくなり、重要な業務に集中できるようになりました。

また、アプリ開発領域のジョイントユーザーは、Google Cloud Firestore拡張機能を使ってFirestoreを使ったアプリにスムーズに検索機能を追加することが可能になりました。つまり、モバイルアプリに高速でスケーラブル、関連性にすぐれた検索機能を追加する際、作業に余分な時間や手間がかかりません。

本ブログ記事では、各統合機能と一般的なユースケース、導入の手順についてご説明します。ユーザーがデータを最大活用できるよう、Google CloudとElasticは一連の統合機能の強化に取り組んでいます。はじめに、各機能の具体的な内容を見てみましょう。


We're hiring

Work for a global, distributed team where finding someone like you is just a Zoom meeting away. Flexible work with impact? Development opportunities from the start?