Elastic、Elastic Stackバージョン6.5をリリース

最新リリースに、インフラストラクチャー監視、APM、Kibana Canvas・Spacesほか多数の機能が拡充・新登場

カリフォルニア州マウンテンビュー 2018年11月14日

ElasticsearchやElastic Stackを展開するElastic N.V.(NYSE:ESTC、以下"Elastic")が、Elastic Stackのバージョン6.5を一般公開しました。今回のリリースでは、ロギング、メトリック、アプリケーションパフォーマンス監視(APM)をはじめとする各種ソリューション、およびアプリ検索、サイト内検索、エンタープライズ検索、ビジネス分析、セキュリティ分析など幅広いユースケースに有益なElastic Stackの基本的な機能を向上しています。

データをより効率的に格納、管理、分析できる点がバージョン6.5の特長です。また運用のスケール性に優れ、UIや可視化機能、ダッシュボードを介したデータの操作性も向上しています。バージョン6.5からは新たに、インフラストラクチャーソリューションと、ログ表示のための専用UIも登場しました。チームによる監視を効率化し、データを最適な方法で操作することができます。また、分散トレーシングのサポートと、Elastic APMで一般的なJavaおよびGoエージェントのサポートが開始されました。Kibanaにも、待望の新機能が複数登場しました。ライブデータのインフォグラフィックにピクセルパーフェクトなエクスペリエンスを構築できるCanvasや、ダッシュボードと可視化を"スペース"にグループ化して整理できるSpaces、さらにスペースにはセキュリティや運用、マーケティングなど職務別にアクセスを制御できる機能も加わっています。

Elastic CEOのシャイ・バノンは次のコメントを発表しています。「Elasticはあらゆる状況でうまく使えるテクノロジーを目指しています。Elastic Stackはオンプレミスでもクラウドでも、セキュリティやログといった1つのユースケースでも、複数のユースケースでも使うことができます。6.5は大規模なマイナーリリースです。Elasticのテクノロジーの幅広い活用パターンでアップデートのメリットがあり、多くのユースケースで重要な役割を果たす基本的な性能が向上しています」

インフラストラクチャー監視:ログとメトリック分析のための新アプリケーション

Elastic Stackは、ITインフラのログとメトリックを分析するパワフルな方法として多く使用されています。バージョン6.5のリリースでは、さらに手軽に運用データを可視化できるようになりました。新たなインフラ監視ソリューションの導入により、物理環境、仮想環境、またはコンテナーベースのインフラを俯瞰的に監視できるほか、あらゆるホスト、ポッド、コンテナーの詳細情報も表示されます。ログ分析のための新UIは、フィルターされたデータでも、ライブtailで高度なログビューを提供します。6.5で新たに登場したFunctionbeatは、CloudWatch LogsやSimple Queue Service(SQS)からデータを収集するために、AWS Lambdaなどクラウドベースのサーバーレスインフラを利用した監視機能を提供します。

APM:オープンソースAPMが分散トレーシングとJava・Goエージェントのサポートも開始

Elastic APMは、Elasticのオープンソースの基盤を使用してAPMデータとインフラログや、サーバーメトリック、セキュリティイベントを組み合わせ、ボトルネックや問題の早期特定に活用することができます。バージョン6.5のリリースでは、ベータ機能として分散トレーシングが加わりました。ユーザーが組織のインフラを流れるリクエストをトランザクションでまとめて、個別のリクエストのパフォーマンスを可視化することができます。また、人気のプログラミング言語であるGoとJava向けエージェントのサポートも開始されました。

Kibana:CanvasとSpacesがインタラクティブなエクスペリエンスを実現

KibanaはElasticsearchに格納されたデータを可視化・探索できるツールとして、ネットワークオペレーションセンターやセキュリティオペレーションセンター、会議室などで幅広く利用されています。バージョン6.5のリリースでは2つのメジャーな機能が登場し、データの共有やコラボレーションが一層簡単になりました。インタラクティブな操作性が魅力のCanvasは、運用チームから経営陣まで、幅広い用途に応じてライブデータのプレゼンテーションやピクセルパーフェクトなWorkpadを作成できます。数百種類のダッシュボードや可視化を使用中のKibanaユーザーには、新しい"スペース"機能が便利です。ロギングスペースやマーケティングスペースなど、目的に応じてKibanaオブジェクトをグループ化し、ロールベースのアクセス制御で各スペースのアクセスを定義できます。

この他にもElastic Stack 6.5には、使いやすさを向上させるメジャーな機能拡張や新機能が登場しています。一例は次の通りです。

  • クラスター横断複製(ベータ): クラスターから別のクラスターへ、インデックスを複製できます。高可用性/災害復旧、地理的近接性/データ局所性、検索/分析の一元化を重視するユースケースなどに便利です。
  • Kibanaのロールアップサポート(ベータ): データを低粒度でインテリジェントに要約し、手軽にメトリックデータ用のストレージ要件を大幅に縮減できるようになりました。バージョン6.5のリリースより、ロールアップジョブの設定と、ロールアップデータの可視化がサポートされています。
  • インタラクティブなファイルインポート(ベータ): 機械学習アプリケーションの無償提供機能でElastic Stackに手軽にデータをインポートできるようになりました。アップロード時にファイル種別が自動検出され、grokパターンが動的に推奨されます。この機能で、新しいデータソースの投入や、特定のデータセットのインポートプロセスが大幅に簡易化されます。
  • 新しい機械学習機能の登場: マルチバケットの異常検出機能が向上しました。ベースとなるモデリングメソッドの改良で、より正確に異常を検出できるようになっています。

詳しくはこちら

Elasticについて

全文検索エンジンを提供する企業、ElasticはElastic Stack(Elasticsearch、Kibana、Beats、Logstashの製品群)の開発元です。オンプレミスおよびSaasのサービスを提供しており、検索、ログ、セキュリティ、分析のユースケースに対応し、リアルタイムなデータの処理が可能です。

Elastic、および関連するロゴとマークは、Elastic N.V.及びその関連会社の商標または登録商標です。その他の企業名と製品名は、所有者の商標である可能性があります。

###

Elastic報道関係担当


Deborah Wiltshire
Elastic
press@elastic.co