最新情報

Elastic 8.4

Elastic 8.4で、Elastic Search Platformと3つの内蔵ソリューション(Elasticエンタープライズサーチ、Elasticオブザーバビリティ、Elasticセキュリティ)に広範な新機能が加わっています。かつてないほど手軽に、データをアクション可能なインサイトに変換することが可能になりました。

8.4の性能強化

Elasticsearch、Kibana、Elastic Cloud

8.4リリースではsynthetic _sourceを使ってメトリックのストレージ容量を引き下げることが可能になったほか、_search APIのKNNを使った類似検索構築機能、機械学習を用いたログレートスパイクの詳しい説明、ノイズ削減のためのアラートスヌーズのスケジュール設定機能などが登場しています。

  • Elastic Enterprise Search

    Elasticエンタープライズサーチ

    8.4リリースに伴い、ベクトルベースのクエリ機能を強化しました。あらゆるサイズのデータセットを検索および分析でき、作業負担は最小限です。またElasticsearchインデックスの検索コンテンツ管理エリアが刷新され、性能が向上しました。

  • Elasticオブザーバビリティ

    8.4リリースに伴い、スマートなアラート管理機能、新登場のKubernetesダッシュボード、OpenTelemetryおよびAWSクラウドサービス向けのシンプル化されたAPMインストルメンテーションが追加されています。クラウドネイティブな環境での根本原因分析やデータオンボーディングのスピードアップに役立ちます。

  • Elasticセキュリティ

    8.4リリースより、SOARの提供を開始しました。先進的なSOCのためのカスタムオーケストレーションに対応し、専用の自動化インターフェースを通じて対応の迅速化を支援します。オーケストレーションクライアントは、プロセスのリスティング、中断、キルといったアクションまで完了することが可能になります。