オンデマンドウェビナー

Elastic 8.9の新機能紹介

主催者

関屋 信彦
関屋 信彦

Principal Solutions Architect

Elastic

概要

このヴァーチャルイベントでは、Elastic 8.9 のエキサイティングな新機能と機能の更新について説明します。

より高速な検索パフォーマンス、強化された SIEM 機能、生成 AI でセキュリティ チームを強化する Elastic AI Assistant のベータ版、ハイブリッド検索のための Reciprocal Rank Fusion の技術プレビューなどを特徴とする Elastic 8.9 について詳しく説明します。

ハイライト:

  • Elastic Enterprise Search は、開発者が最新の検索および検出エクスペリエンスを実装するのに役立ちます。さらにパフォーマンスの高い検索エクスペリエンスを実現するハイブリッド検索、新しい ServiceNow および Dropbox コネクタなどのための Reciprocal Rank Fusion (ESRE の一部) の技術プレビューについて学びます。
  • Elastic Observability は、メトリクス、ログ、トレースを実用的な IT 洞察に変換し、デジタル エコシステム全体の可観測性を統合します。
    • ESRE を利用した Elastic AI Assistant for Observability の技術プレビューと、Elastic TSDS を活用したコスト削減統合の一般提供を通じてストレージを最大 70% 削減できる可能性について学びます。
  • Elastic Security は、SIEM、エンドポイント セキュリティ、クラウド セキュリティを統合し、クラウド スケールで脅威を検出、調査、対応します。
    • アナリストの調査を支援する、ESRE™ を利用した Elastic AI Assistant for Security のベータ リリースについて学びます。または、強化されたルール管理とチューニング、より迅速な修復応答のためのアップロード コマンド、AWS CloudFormation のサポートによる強化されたオンボーディングなど、いくつかの新機能の一般提供を確認してください。

関連リソース:

ビデオをみる

最新のElastic Stackに関する情報をお送りします。