隠れたデータの課題を解決してセキュリティリスクを軽減

データは組織の無数の場所に保存されています。それに伴い、潜在的な障害点が増加し、資金的な損失や評判上の損害のリスクが高まります。攻撃対象が拡大し、巧妙なセキュリティ脅威が増加しているため、セキュリティチームは、組織と顧客を保護し、コンプライアンスを維持し、評判の低下を回避するために、あらゆるセキュリティイベントを分析する必要があります。

videoImage

残念ながら、現在使用しているツールではうまくいきません

  • icon

    結果を得るのに時間がかかる

  • icon

    柔軟性に欠けるアーキテクチャー

  • icon

    分断されたワークフロー

ログ監視、APM、SIEMのようなポイントソリューションを選択することは、セキュリティリスクの軽減という点では戦略的だと思われるかもしれませんが、最終的にセキュリティ態勢に影響を及ぼす欠点につながる可能性があります。しかし、心配は無用です。もっと優れたソリューションがあります。

  • すばやく答えを見つける

    柔軟性に欠けるポイントソリューションとデータレイクでは、データの処理や相関に時間がかかります。これは最終的に脆弱性につながる可能性があります。脅威を検出し、大規模な攻撃を阻止するためには、データを迅速かつ正確に処理し、相関付けることができるソリューションが必要です。

  • すべてのデータを利用する

    すべてのデータが1つの場所に統合されているとは限りません。また、脅威を検知するために、すべての環境を監視できる能力が必要です。従来のポイントソリューションやデータレイクでは、すべてのデータを同時に使用することは困難です。柔軟なアーキテクチャーがあれば、データがどこに存在していてもセキュリティリスクを軽減できます。
  • ワークフローの接続

    ポイントソリューションは1つの目的に合わせて開発されていますデータレイクには、すぐに使えるソリューションがありません。それらを併用すると、ワークフローが分断されデータの不一致が発生し、盲点が生じます。これはセキュリティ侵害につながる可能性があります。必要なときに必要な答えと結果を得るためには、接続されたワークフローが必要です。

その他のリソース