<

2019

<

7月

>

Elastic Stack 7.3がリリースされました。今回もいくつかの機能がリリースされています。

Elasticマップの一般提供が開始されたことをお知らせいたします。これにより、地理空間分析が次のレベルへと進化します。

Elastic CloudのElasticsearch Serviceは、Google Cloud Platform(GCP)のリージョンで5番目となるアジア太平洋(東京)でサービスを開始しました。

Elastic Cloud on KubernetesにElastic APMや設定オプションが登場。AKS、EKS、OpenShiftのサポートを開始しました。

ECE 2.3でRBACサポートの一般提供が開始されました。複数のユーザーの設定、LDAP、SAML、およびActive Directoryへの接続、ロールを使用したシステムアクセスの制御について、その方法を説明します。

Lookslikeのご紹介 — データ検証のすべてのニーズに役立つ、オープンソースの新しいGoテスティング/スキーマライブラリです。

Elastic StackでNGINX Webサーバーを監視することで、インフラストラクチャーの問題の特定、定期メンテナンスの計画に役立ち、さらにDDoS攻撃の防止にも役立ちます。

Elastic Stackによる分析の実際のユースケースをご確認ください。石油・ガス業界の企業は、石油/ガスの複雑なデータを統合して分析し、運用効率の向上に役立てています。

Beats環境におけるElastic Common Schema(ECS)への移行について、その移行例とともに詳細に説明します。