<

2021

<

12月

Elastic Cloudを使用すると、Amazon S3 Storage LensのメトリックやAWSとオンプレミスのデータセットの運用を包括的に可視化し、管理を簡素化してコストを抑え、セキュリティリスクを低減することができます。

本ブログ記事はCVE-2021-44228の概要を説明するほか、Elasticセキュリティのユーザー向けに、環境内の脆弱性を利用するアクティブなエクスプロイトの検知ルールを提供します。Elasticは新たな情報を把握次第、本記事を更新する予定です。

Elasticは、2021 Gartner Peer Insights ‘Voice of the Customer’: Security Information and Event Management(SIEM)レポートにおいて「Customers’ Choice」に選出されました。総合スコアは4.6/5点をマークしています。..

決済代行業界は大きく進化しています。送金や決済に新しいアプリや技術が使われる光景も日常のものとなりました。一方、規模と専門性を活かすイノベーションや競争力という側面では、現在も銀行業界に大きなアドバンテージが存在しています。

Elasticの統合機能により、すべてのデータの安全かつ大規模な収集、格納、検索、分析が簡単にできます。データを簡単にインジェストし、直感的なUIで探索してデータを実用化し、チームやシステム間でワークフローを合理化しましょう。

Elastic 7.16でElastic Agentの新たな統合機能のほか、ServiceNow ITSM、ITOM、SecOpsとの緊密な統合機能がGAへ移行しました。Elastic 7.16リリースは複雑なクラウドネイティブサービスへの可視性を高め、各種ワークフローを効率化して意義ある成果を引き出します。