<

2020

<

10月

>

Elastic StackとServiceNowをインシデントマネジメントに活用するシリーズブログのパート2です。今回はElasticsearchインデックスを設定し、継続的なデータ分析のための変換をセットアップするほか、ServiceNowに新規のインシデントを自動作成します。

Elastic Stackを使うと、システムの問題検知やアラートによる通知を簡単に実行できます。シリーズ記事のパート1となる今回は、ElasticsearchとServiceNowを双方向通信で接続し、自動化インシデントマネジメントを構築する方法をご紹介します。

ご自身のコントリビューションの提出や、他のコントリビューターの提出物の検証をはじめるために必要なElasticコントリビュータープログラムへのログイン方法や、プロフィールの設定方法をご説明します。

Elastic Workplace Searchは、いくつかの簡単な手順で試用できます。全チームのコンテンツを一元化し、高速かつ関連性に優れた検索を導入すれば検索にかかる時間が短縮され、生産的に働くことができます。

Google CloudオペレーションからElastic Stackにデータをストリーミングするパイプラインのセットアップ方法をご紹介します。クラウドからオンプレミスまで、環境全体にわたり、リソースパフォーマンスの一元的なビューを構築できます。

Elastic Stackで機械学習を使うために必要な作業は、データをElasticsearchに格納することだけです。数クリックでデータから価値あるインサイトを抽出し、全面的に運用可能なエンドツーエンドの機械学習パイプラインを抽出する方法を解説します。