<

2020

<

7月

>

Kubernetesにオブザーバビリティを構築するチュートリアルシリーズ記事の第3回。今回はElastic APMを使ったアプリケーションパフォーマンス監視を取り上げます。JavaとRUMエージェントのインストルメンテーション手順のほか、分散トレーシング、サービスマップ、可視化の活用例を説明します。

Elasticは、Elastic Cloudのトラフィックを管理する新機能を発表いたしました。Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、およびMicrosoft AzureのElastic CloudデプロイにIPフィルタリングを設定したり、AWS PrivateLink統合を活用できます。..

DGA(ドメイン生成アルゴリズム)は悪意のある行為者(およびマルウェア)が使用する手口の1つです。Elasticの機械学習を使うと、そのトリックを暴くために役立つモデルを簡単に構築できます。こちらはシリーズ記事の後編です。

Kubernetesにオブザーバビリティを構築するチュートリアルシリーズ記事の第2回は、Elastic StackのMetricbeatとKibanaを使ってメトリックを収集、可視化する方法を紹介します。