<

2018

<

10月

>

リリース6.4.0から、APMサーバーはLogstashまたはKafkaを通してデータを送信することができるようになります。その方法をご紹介しましょう。

シティグループのITチームはElastic Stackを使い、一元化されたデータベースで高度な検索解析を実現しています。

シグネチャーベースのHIDSを提供するWazuhとElasticの機械学習を組み合わせて、脅威の検知と調査をより手軽に、効率よく実施できます。

Elasticsearch 6.0ではインデックスの並び替え機能が導入されており、クラスターのパフォーマンスを最適に保つことができます。ユースケースによってはこの機能がディスク容量の節約にも役立つことをご存知でしたか?

著者

GSAが2019年のサポート終了を発表しました。Elastic Site Searchは、簡単に移行できるWebサイトのクローリング検索ソリューションです。

パフォーマンスをできるだけ損なわずに、Elastic Stack内の重複を防ぐ必要性を感じていませんか?さまざまな選択肢を見ていきながら、実用的なガイドラインを紹介します。

Elastic Site SearchとElastic App Searchはともに、パワフルなマネージドの検索サービスです。どちらが使いやすく、より役立つかはユースケースや環境によっても異なります。