icon

Elasticsearch searchable snapshots

すべてを格納&検索する

データを格納・検索する方法は、検索可能スナップショットで一変します。AWS S3やMicrosoft Azure Storage、Google Cloud Storageに格納したスナップショットのデータを横断的に検索できる上、総所有コストが劇的に低下します。

videoImage

Elastic CloudのElasticsearch Serviceはわずか数クリックで立ち上げることができます。

無料トライアル

検索可能スナップショットのドキュメントで、詳しくご覧ください。

ドキュメントを読む

検索可能スナップショットのリリース記事を公開しました。

記事を読む

ストレージコストの最適なバランス

いつも業務を継続し、保護して、コンプライアンスも遵守する。そのためにはデータが不可欠です。データは指数関数的に増大しますが、予算はそれほど増えません。つまり、すべてのデータを格納・検索することがコスト的に不可能となる状況もあり得ます。農場全体を買収することなく、干し草の山から針を見つけることは可能でしょうか?――はい。その手段が、検索可能スナップショットです。

illustration-life-cycles.png
illustration-life-cycles.png

データライフサイクルを管理する

データが古くなって検索頻度が低下すると、「予算内に抑えるために削除するか、アーカイブするか」という難しい選択に直面します。データを保持する方法の1つに、データをスナップショットに移してS3などのオブジェクトストレージに入れる、というやり方があります。しかしこのデータを検索するとき、一般的には復元が必要となります。つまり従来、すぐには検索できませんでした。検索可能スナップショットを使う場合、手動の復元は必要ありません。コスト効率に優れた方法ですべてのデータを格納し、検索できます。

オブジェクトストレージが本領を発揮

検索可能スナップショットは、ストレージと演算処理を切り離すことでAWS S3やMicrosoft Azure Storage、Google Cloud Storage、その他のオブジェクトストレージのバリューを最大限活用します。スナップショットに移したデータの検索が可能になることで、従来と同じ費用で2倍から20倍程度のデータ量を格納でき、総所有コストが劇的に減少します。

Cold&Frozenティアでコストをクールダウン

想像してみましょう。もし、量的な制限なしに、データをオンデマンドで直接検索することができたら?その上、必要なアクセスと検索パフォーマンスが最小限のストレージコストで手に入るとしたら?ColdティアとFrozenティア、この2つの第一級データティアの稼働を可能にする検索可能スナップショットを使うと、それは現実になります。

ホットな最新ティア、Frozen!

ホットな最新ティア、Frozen!

ColdティアとFrozenティア内での検索パフォーマンスは高速です。競合他社のHotティアに匹敵するほどと言っても過言ではありません。4TBのデータセットに対してシンプルな用語のクエリをかけた場合、ほんの数秒で結果が返されます。ローカルキャッシュを使用してこのクエリを2度目に実行する場合、パフォーマンスはわずか数ミリ秒と、さらに高速になります。非同期検索やバックグラウンド検索などの機能も内蔵しており、ローコストストレージで最高水準の検索エクスペリエンスを実現します。

コストパフォーマンスの向上

コストパフォーマンスの向上

ColdティアとFrozenティアを活用すると、同じ費用で読み取り専用データを最大20倍格納でき、総所有コストが劇的に低下します。どのデータを削除するかで悩む時代は終わりました。総所有コストが下がれば、格納・検索するデータ量を増やすことも可能です。より多量のデータでシステムの可用性向上を図る、あるいはデータとインフラを一層強力に保護する、また業界規格や各種規制に準拠するといった取り組みは、最終的にビジネスの業績向上に貢献します。

Elastic Cloudをさらに活用する

現在Elastic Cloudをお使いの場合は、検索可能スナップショットの導入以降、月々の費用はそのままでより多くのデータを格納することが可能になります。インデックスライフサイクル管理機能を使ってデータティアごとのストレージ保持期間を設定、調整を実施することにより、すばやく立ち上げできます。

icon-quote

「Elasticsearchの新機能は非常に画期的です。特に検索可能スナップショットは注目です。共通アーキテクチャー設計でS3をリーズナブルなデータバックアップとして使い、スナップショットを格納します。スナップショットデータが検索可能になることで選択肢が増え、サービスの総コストを削減できます。

ColdデータをS3の複製に使うアプローチは、費用とパフォーマンスの両方の側面にメリットをもたらします。Frozenティアの有用性とパフォーマンスを体感できるこのリリースに、大きな期待を寄せています」

マルセル・マタス氏、SAP Concurクラウドサービス開発マネージャー

検索可能スナップショット×Elasticソリューション

エンタープライズサーチ

エンタープライズサーチ

検索可能スナップショットを使えば、あらゆるデータや蓄積された業務記録を費用を気にせず検索することができます。各種の規制要件によって保持すべきデータが増えても、自信をもってデータストレージコンプライアンス基準を遵守できます。

オブザーバビリティ

オブザーバビリティ

検索可能スナップショットを導入すれば、もう費用の節約のためにログやメトリック、APMデータを削除する必要はありません。数年分のアプリケーションパフォーマンスを検索するために、わざわざバックアップデータをリハイドレードする必要もありません。オブザーバビリティデータにビジネスインテリジェンスを組み合わせたり、外部ソースのデータを組み合わせて、顧客のビヘイビアやトレンドに関するインサイトを強化することも可能です。

セキュリティ

セキュリティ

脅威ハンティングやセキュリティ分析に検索可能スナップショットを活用すると、数年分の大規模セキュリティデータソースに簡単にアクセスできます。必要なログ、メトリック、セキュリティイベントデータをすべて保存でき、検索も可能。これなら、セキュリティの問題を調査する際も安心です。