icon

Elasticsearch searchable snapshots

すべてを格納&検索する

検索可能スナップショットの登場で、検索パフォーマンスとストレージコストを単純に天秤にかけるだけのアプローチは過去のものとなります。AWS S3やMicrosoft Azure Storage、Google Cloud Storageに格納したスナップショットデータを広範に検索することで、ストレージコストは半減します。

videoImage

Elastic CloudのElasticsearch Serviceはわずか数クリックで立ち上げることができます。

無料トライアル

検索可能スナップショットのドキュメントで、詳しくご覧ください。

ドキュメントを読む

検索可能スナップショットのリリース記事を公開しました。

記事を読む

ストレージコストの最適なバランス

時系列データは、指数的に増大します。データは経営と現場を差別化する要因の1つですが、すべてのデータを格納、検索すれば過大な費用が生じることもあります。データライフサイクル管理機構に深く統合され、自動で運用できるElasticの“データティア”は、ストレージコストのバランスを最適に保つための心強い味方です。

データライフサイクルを管理する

Elasticsearchの中でも特に有用なデータをHotティアに格納することで、検索クエリを高速に実行できます。データが古くなり、重要性や検索頻度が低下したら、低コストでパフォーマンスが中程度の演算処理とストレージノードで構成したWarmティアに移行させましょう。より重要性の低い読み取り専用データは、スナップショットの形式でS3などのオブジェクトストレージに格納することができます。スナップショットのデータを検索するには復元が必要であり、瞬時に検索することはできません。

手動での復元を省く

新登場の検索可能スナップショットは、スナップショットに格納したデータを直接検索できる新しい仕様を搭載。S3やその他のオブジェクトストアに入れたデータを、“現役の”データとして活用できます。検索可能スナップショットをColdティアで活用すれば、検索パフォーマンスが低下する代わり、ストレージコストが約半分になります。その秘訣は、レジリエンシー(回復性)確保のためのデータと検索に用いるデータが分離されていること。ユーザーは、ニーズに応じてストレージコストとパフォーマンスのバランスを調整することができます。

Elastic Cloudをさらに活用する

現在Elastic Cloudをお使いの場合は、検索可能スナップショットの導入以降、月々の費用はそのままでより多くのデータを格納することが可能になります。各データティアのストレージキャパシティは各種テンプレートや便利なスライダーボタンでお好みの内容に調整できます。今すぐ活用してみましょう。

サークル・オブ・ライフデータ=未来を担う、データ管理アプローチの王道

データティアと検索可能スナップショットを活用すると、Elasticsearchのデータライフサイクルはこんな風になります。

icon-quote

Elasticsearchに導入される新機能が楽しみですね。特に注目しているのが検索可能スナップショットです。共通アーキテクチャー設計で、S3をリーズナブルなデータバックアップとして使い、スナップショットを格納します。スナップショットデータが検索可能になることで選択肢が増え、サービスの総コストを削減できます。

ColdデータをS3の複製に使うアプローチは、費用とパフォーマンスの両方の側面にメリットをもたらします。今後、Frozenティアの有用性とパフォーマンスを検討できることを楽しみにしています。

マルセル・マタス氏、SAP Concurクラウドサービス開発マネージャー

検索可能スナップショット×Elasticソリューション

エンタープライズサーチ

エンタープライズサーチ

検索可能スナップショットを使えば、費用を気にせず、あらゆるアプリのコンテンツと業務履歴データを検索することができます。より多くのデータを格納してマーケティング分析に活用したり、アプリケーションをバージョン別にテスト・リリースする新しい開発戦略を導入したりできます。
オブザーバビリティ

オブザーバビリティ

検索可能スナップショットを導入すれば、もう費用の節約のためにログやメトリック、APMデータを削除する必要はありません。数年分のアプリケーションパフォーマンスを検索するために、わざわざバックアップデータをリハイドレードする必要もありません。オブザーバビリティデータにビジネスインテリジェンスを組み合わせたり、外部ソースのデータを組み合わせて、顧客のビヘイビアやトレンドに関するインサイトを強化できます。
セキュリティ

セキュリティ

脅威ハンティングやセキュリティ分析に検索可能スナップショットを活用すれば、数年分の大規模セキュリティデータソースに簡単にアクセスできます。これまで“現実的でない”とか、“非経済的”と思われていたアプローチも実現可能。たとえばIDSやNetFlow、DNS、PCAP、エンドポイントデータなど、セキュリティに関連する補完的なデータを大規模に収集し、アクセスしやすい状態で長期間保持できます。

未来は、すぐそこに

まもなくリリース予定の“Frozenティア”は、S3や他のお好みのオブジェクトストアに格納したスナップショットの検索に特化しています。想像してみましょう。量的な制限なしに、データオンデマンドで直接検索することができたら?その上、必要なアクセスと検索パフォーマンスが最小限のストレージコストで手に入るとしたら?Frozenティアには非同期検索やバックグラウンド検索などの機能も搭載され、ローコストストレージで最高水準の検索エクスペリエンスを実現します。