オブザーバビリティ
製造業

航空技術分野の多国籍企業がSplunkからElasticへの移行で目指す、IoTプラットフォームのオブザーバビリティ向上

パフォーマンス比較結果

実施したテストにおいて、料金とデータ投入能力、さらにクエリスピードにわたり、ElasticのソリューションのパフォーマンスがSplunkを上回りました。

運用の問題を最小化&軽減

ElasticのソリューションがMTTRとMTTIを短縮したことで、運用する顧客に生じている問題をより早期に検知、修正できるようになりました。

顧客満足度の向上

インシデントレスポンス時間の短縮が、顧客満足度の向上と、事業全体にわたるリスクの低減に貢献しています。

企業概要

本社を米国に置くFortune 500企業で、BtoB製品と一般消費者向け製品の製造のほか、エンジニアリングサービスと航空システム事業を手掛けています。

SplunkからElasticに移行した理由

多数の事業を運営する同社が求めていたのは、収益源であるIoTプラットフォームのコスト効率を高め、リスクを低減し、顧客満足度を向上させるソリューションでした。現在、同社はログ分析メトリックアップタイムAPMElasticオブザーバビリティを活用しています。さらに、CanvasKibana Lensといった機能を活用し、建築、航空機、運輸、製造をはじめとする各種業界のインターネット接続製品向けIoTプラットフォームの監視を行っています。

  • 成長の加速と顧客サービスの向上:Elasticのソリューションに移行した同社には30以上のIoTアプリが導入され、顧客と契約したアップタイムSLAを満たす能力も向上しています。
  • キャパシティとインサイトの向上:以前、Splunkの料金体系は同社が目標を実現する上で妨げとなっていましたが、そのような懸念はなくなりました。現在同社では、IoTアプリ群から投入するデータ量を10倍以上に増やす計画が進行中です。これにより、かつてない水準でシステムに関するインサイトを取得できる見込みです。
  • 収益源となる新規事業の開発:SplunkからElasticに移行したことで、社内向けのロギングサービス以上のことを実施することが可能になりました。社外に販売する産業機器を監視するサービスを開発し、新たな収益モデルとする取り組みが始まっています。

SplunkからElastic Stackへの移行を検討されていますか?詳しくは、こちらをご覧ください