Kibanaのあらゆる可視化データやダッシュボードをすばやくレポートとして生成します。オンデマンドでレポートを取得したり、後で生成するようにスケジュール設定したり、特定の条件で生成されるように設定できるほか、マネージャーやお客様、コンプライアンス担当者など、関係者との自動共有も設定できます。柔軟な設計で、誰でも、どこでも使いやすいレポートを作成します。Kibanaで可視化されたデータのシェアに最適です。

オプションでKibanaのグラフをPDFに。ビデオを見る
New The code for reporting features is now open and available in our public GitHub repo.

Kibanaは、Elasticsearchデータを可視化したり、探索できる最高のツールです。Kibanaのダッシュボードや可視化データやは、オプションのレポート機能で簡単にエクスポートできます。出力するレポートはPDF形式で、印刷用に最適化されており、カスタマイズも可能です。開発製品や企業ブランドのロゴを指定して埋め込み、洗練された印象深いレポートに仕上げることができます。

毎日、毎週、隔週など自由に頻度を決めて、インフラストラクチャの状態、ウェブサイトのメトリックなどに関するレポートを受け取りましょう。オプションのアラート機能と組み合わせて、さまざまな情報をチームにシェアすることもできます。 一定期間に指定した回数を超えるエラーが発生するなど、特定の条件が満たされた場合にレポートをトリガーすることもできます。

アドホックに分析した結果を、CSVファイルですばやく、簡単にエクスポートすることが可能です。カラムの設定、フィールドの成型、スクリプトフィールドなど、Kibanaで見たままの情報を共有できます。ローデータ(生データ)を頻繁に使用する場合は、CSVエクスポートとアラート機能を使って定期的にデータを出力したり、条件に一致した場合にだけ送信するよう設定することもできます。

長大なレポートリクエストにも対応します。内蔵の非同期レンダリング機能で、Elastic Stack向けに柔軟にレポートを生成することもできます。追加のインフラストラクチャは必要ありません。レポートステータス画面で、進行中、成功、失敗などのステータスを把握できます。インターフェイスから過去のレポートもダウンロードできます。

レポートで、Kibanaの可視化データやダッシュボードをオフライン環境でも見ることができます。Kibanaに直接アクセスできないときや、アクセスが付与されていないメンバーも、Kibanaからの情報を受け取ることができます。

Elastic Stackでレポートを作成

あなたも、そして誰もが、レポートを利用できるように!

(Elastic Cloudでも利用できます。)

はじめよう