The Elastic Stack

すべて無料かつオープン、Elasticのコアプロダクト群

総称してElastic Stackと呼ばれている、Elasticsearch、Kibana、Beats、Logstash(ELK Stackという愛称もあります)。Elastic Stackを使えばあらゆるソースから、あらゆるフォーマットでデータを取得でき、リアルタイムに検索、分析、可視化することができます。

トライアルを始める

クレジットカード情報の入力は必要ありません。設定も簡単。

ダウンロードして使いはじめる

Elasticsearchスキルの確かな基礎を習得したい方に最適なElasticsearch Engineerコース。ぜひご利用ください。

コースを視聴する

Elastic Stack、登場。ダウンタイムを設けずアップグレードするためのベストプラクティスをご覧ください。

ビデオを見る

Elastic Stackをアップグレードするコツと、新機能の活用方法をご紹介しています。

ビデオを見る

New

7.8より、Kibanaにユースケース別のサイドナビゲーションを導入しました。ドリルダウンの登場や編集プロセスの合理化など、ダッシュボードも大幅にアップデートされています。

Elasticsearch + Kibana

パワフルなプロダクトと機能群

ElasticsearchとKibanaはオープンソースをベースに開発されたプロダクト。ロギングから、想像できる限りのあらゆる用途まで、多様なユースケースをサポートします。機械学習セキュリティレポートをはじめ、豊富な有償オプションもラインナップ。Elastic Stackのために開発された、他にはない高度なオプション群でさらなるバリューが生まれます。Elastic Stackのオプションリストはこちらです

Elasticsearch

Elasticsearch

分散型でJSONベースの検索/分析エンジンです。

Kibana

Kibana

データを形にするだけでなく、拡張性の高いユーザーインターフェースとして使えます。

Xの解をすばやく求める

Elasticsearch

特定のIPアドレスによるアクティビティを確認する、あるいはトランザクションリクエストのスパイクを分析する、または半径2キロ以内にある牛丼店を探す... データを使って解くあらゆる"課題"は、最終的に検索の課題です。Elasticsearchなら、データを手軽に、スケーラブルに格納、検索、分析することができます。

リアルタイムに映しだす

Kibana

Kibanaでデータを美しく可視化して、探索をはじめてみましょう。ワッフルチャートやヒートマップ、時系列分析など、豊富な機能が揃います。多様なデータソースに対応する事前構成済みのダッシュボードを使って、KPIに注目したプレゼンテーションを作成したり、1つの画面ですべてのデプロイを管理したりすることもできます。

投入

あらゆるソースのデータをシッピング

最初の一歩となるのが、Elasticsearchへのデータ投入です。Beatsでアプリやインフラのメトリックをシッピングしたり、Logstashでサードパーティデータストアからデータをプルすることもできます。便利なツールを活用して、すべてのデータを1か所にまとめましょう。収集データのパース、エンリッチ、匿名化もできます。

Beats

Beats

エッジマシンからデータを送信する軽量なデータシッパープラットフォームです。

Logstash

Logstash

拡張性の高いプラグインエコシステムを備えた動的なデータ収集パイプラインです。

分散型処理

自在にデプロイ

あらゆる検索の課題をサポートします。

Elastic Cloud

マネージドのElasticsearchとKibanaをAWS、Google Cloud、Azureにデプロイ

お好みのクラウドを選び、多彩な機能を組み込んでデプロイできます。Elasticならではの高度な機能とサポートで、クラウド環境での最適なクラスタリングが実現します。

月額$16から

料金を見る

オンプレミス

Elasticプロダクトをダウンロード

わずか数ステップでお使いのマシンにElasticプロダクトをインストール&起動できます。

オーケストレーションもおまかせください。Elastic Cloud EnterpriseElastic Cloud on Kubernetesがサポートします。

どんな冒険をしよう?

ロギングとメトリック、その他いろいろ

Elastic Stackはさまざまなところに使われています。たとえば火星での生命探査プロジェクトや、Twitterのハッシュタグトレンドの追跡、ドリームハウスを探し出す不動産サービスサイトも支えています。あらゆるデータを歓迎するElastic Stack。その開発チームも、好奇心に満ちたプロジェクトを心から応援しています。

"シンプルなものをシンプルに"保てるよう、多様なユースケースでスムーズに使えるエンドツーエンドプロダクトの開発に取り組んでいます。Elasticの全プロダクトリストはこちらをご覧ください。