2019年3月11日 ユーザストーリー

Elasticsearchに切り替えて世界最速スーパーコンピューターのサイバーセキュリティを向上

著者 Samantha Dodge

本記事は最近のElastic{ON} Tourでの事例紹介セッションの要約です。Elastic{ON}のトークはアーカイブで多数公開中です。また、お近くの都市で開催されるElastic{ON} Tourのスケジュールもご覧ください。

世界最速のスーパーコンピューター「サミット」は、米国エネルギー省(DOE) のオークリッジ国立研究所(ORNL)にあります。ORNLの研究者の仕事は演算速度200ペタフロップスの能力に支えられており、このことが物質科学、中性子科学、エネルギー、国家安全保障、高機能演算といった幅広い分野の科学的発見を促進しています。

これらすべての研究で生み出されたデジタル情報を保護するために、ORNLのサイバーセキュリティチームはElasticsearchElastic Stackをセキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)に用いています。しかし、最初からそうだったわけではありません。ワシントンでのElastic{ON} Tourで、ORNLのサイバーセキュリティ部門のエンジニアにしてSIEM管理者のLarry Nichols氏は、ORNLが大規模なログ監視と異常検知にわたる約20,000のエンドポイントのセキュリティ管理能力を改善するために、SplunkからElasticsearchへと移行した理由について解説しました。

6年間にわたり、ORNLのサイバーセキュリティチームはSplunkをSIEMに使用していました。しかしORNLのニーズが高まり、ますます大量のデータを投入することや300億件を超えるドキュメントの莫大なインデックスに対してクエリーを実行することが必要になってくると、いくつかの課題に直面して、別のソリューションを追求せざるを得なくなりました。Splunkのライセンスは1日あたりの投入データ量をベースにしており、このために研究所はデータを追加することが制限されていました。スピードも障害となっていました。ORNLの主要目標は研究の促進ですが、Splunkクラスターでは検索に15分もかかることがあり、データ分析から貴重な時間を奪っていたのです。「Splunkによる処理は私たちが望むよりも長く時間がかかり、アナリストはデータ収集を待つ間に自分で分析できるほどでした」(Nichols氏)。

Elasticsearchへの切り替えという決断はORNLにとって有意義なものでした。投入できるデータ量の制限がなくなり、何分もかかっていた検索が数秒に短縮されたのです。「私達には拡張できるハードウェアもリソースもありましたが、データの投入に余分なお金をかけたくなかったので、Elasticは明らかに魅力的でした」とNichols氏は語り、「スピードは明らかに、Elasticsearchの方がはるかに上でした」とも付け加えました。

Elasticsearchで、ORNLはスピードとセキュリティを強化したSIEMを展開することが可能になりました。現在、研究所の実働アーキテクチャでは、25のElsaticsearchのノードが、すべてDocker内で25の仮想マシンにわたって実行されています。このシステムには1日あたり20億以上のドキュメント(データ量約1.5TB)が投入され、180日分のデータ(3千億以上のドキュメント)を10のホットノードと7つのウォームノードにわたり保持しています。3つの機械学習ノード、3つのマスターノード、2つのコーディネーションノードも、合計120TBのディスク容量で実行しています。開発アーキテクチャは保持するログがより少ない(30日分)だけで、ほとんど同じです。ORNLには、研究とテスト専用の3番目のクラスターがあります。日々約1.5TBのデータが投入されるこのクラスターでは、物理サーバーに6つのElasticsearchノードを備えています。最後のクラスターはシングルノードで、他の3つのクラスターの監視に使われています。

Elasticsearchに加えElastic Stackの他の部分によって、セキュリティ上の問題の特定と対処を強化しています。チームはKibanaを使用しており、ユーザーの一般的な使用状況をひと目で確認したり、必要に応じて特定のユーザーに注目したりすることができます。またグラフによって、さまざまなインデックスに基づく関連データを可視化することも可能です。この情報により、1台のマシンの感染が判明した場合には、その問題を食い止め解決するために、感染したデバイスと通信した他のマシンをすばやく特定することができます。さらに最近、チームはCanvasの使用を始めており、ダイナミックなインフォグラフィックスタイルのダッシュボードを作って研究所でのアクティビティに関するハイレベルな画面を管理者層に提供しています。

ORNLがElasticsearchをどのように使用し世界最速のスーパーコンピューター上で検索とセキュリティ管理を強化しているか、さらに詳しくはElastic{ON} TourでのNichols氏のセッション全体をご覧ください

ORNLがElasticsearchをどのように使用し、世界最速のスーパーコンピューター「サミット」の検索およびセキュリティ管理を強化したかをご紹介します。