Microsoftの生産性クラウドスイートをElastic Workplace Searchで横断検索 | Elastic Blog
エンジニアリング

Microsoftの生産性クラウドスイートをElastic Workplace Searchで横断検索

Microsoft製品を組み合わせた生産性スタックは、大多数の組織で使用されています(Elasticも例外ではありません)。たとえばSharePoint、Microsoft 365(旧Office 365)、OneDriveなどの製品です。さらに、大多数の社員は様々なアプリを併用しています。ZendeskGitHubといった補完的ツールのほか、G SuiteやDropboxなどの“競合”ツールを使うケースもあるでしょう。この結果、支離滅裂なユーザーエクスペリエンスが少なからず生じています。たとえば、あるタスクやプロジェクトを完了させるために必要な情報を、複数のプラットフォームで毎日のように検索しなくてはならない、といったケース。あるいは、「あの資料、どこで見たんだっけ?」というフレーズに共感を覚える人もいるかもしれません。

そこで登場するのが、Elastic Workplace Search。これは、組織のアプリ全体を横断し、関連性にすぐれたシンプルな検索を、プラットフォームを問わずに構築するプロダクトです。SharePoint、Microsoft 365、OneDriveを含むMicrosoftソースの検索能力に加え、G SuiteやSalesforceをはじめとする他のコンテンツソースをホストする仕様を搭載しています。Workplace Searchのすべての仕様は、既存の環境と摩擦を起こさず安全に共存します。多数のプラットフォームを移動し、バラバラな検索エクスペリエンスを経由して情報を探す手間とストレスを排除して、1か所で、あらゆるプラットフォームを横断的に検索することが可能になります。

Workplace Searchの検索結果

特定の情報にMicrosoftのレガシーアプリを使っていて、更新する予定がない、という場合も大丈夫です。カスタムソースを使えば、レガシーアプリのコンテンツソースをほかのアプリと同様の、第一級オブジェクトとして簡単に活用できます。

Workplace Searchを導入すると、チームは必要な情報をどこで、どのように入手するか心配する必要がなくなります。必要な情報に1か所でアクセスでき、常時最も関連性の高いコンテンツを確認することが可能です。Elasticsearchをベースに開発されたWorkplace Searchは、高速かつ関連性にすぐれた検索エクスペリエンスと、使用状況に柔軟に対応するスケーラビリティを確実に提供します。

手軽に接続

Workplace Searchは直感的な操作性の管理ダッシュボードを備え、わずか数クリックで組織のMicrosoftコンテンツソースに接続できます。開発作業は必要なく、簡単に導入できます。 

OneDriveをWorkplace Searchに接続する

また、異なるグループやロール向けに、多様なコンテンツソースの関連性を簡単にカスタマイズできます。Microsoftソースと、あらゆる関連プラットフォームのソースを優先順位付けすることにより、開発チームからマーケティングチームまで、あらゆるエンドユーザーに最も関連性の高い情報を表示し、生産性の向上を支援することができます。 

Workplace Searchによるソースの優先順位付け

Microsoft OneDriveとSharePoint Online、およびMicrosoft 365向けに、事前定義済みのコネクターが提供されています。

Workplace SearchのOneDriveとMicrosoft 365向けコネクターは複雑な設定を必要とせず、次の要素を自動でキャプチャー、同期、およびインデックスします。

  • 格納されたファイル:ID、ファイルメタデータ、ファイルコンテンツ、最終更新者、タイムスタンプを含む 

Workplace SearchのSharePoint Online向けコネクターは複雑な設定を必要とせず、次の要素を自動でキャプチャー、同期、およびインデックスします。

  • サイト:ID、コンテンツ、タイムスタンプを含む
  • 格納されたファイル:ID、ファイルメタデータ、ファイルコンテンツ、最終更新者、タイムスタンプを含む

Elastic Workplace Search環境にMicrosoftコンテンツを接続する手順はとてもシンプルです。Workplace SearchのソースリストでMicrosoftコネクターを設定し、その後、コネクターを組織に接続するだけです。 

使いはじめる

Workplace Searchは、無料のトライアルをダウンロードして使いはじめることができます。また、Sharepoint OnlineOneDrive / Microsoft 365の各種Microsoftコンテンツソース向けに提供されているガイドをご確認ください。