Articles by Gilad Gal

7.11より、Elastic Stackにschema on readが登場いたしました。1つのプラットフォームで、パフォーマンスにすぐれるschema on writeとフレキシブルなschema on read、この2つのメカニズムの“いいとこ取り”ができます。schema on readは、「ランタイムフィールド」という名称でElastic Stackに実装されています。..

schema on readを使えるElasticの新機能、ランタイムフィールドの導入について説明します。パフォーマンスにすぐれるschema on writeと、フレキシブルなschema on readのどちらもElasticsearchで使うことができるようになりました。本記事は、ランタイムフィールドを使いはじめる手順を説明します。..