近日開催予定のウェビナー

ElasticAPMのログ活用法

icon-calendar
icon-globe
Japan
icon-clock
午後12:00~13:00
icon-voiceJapanese

主催者

shotaro-suzuki.jpg
鈴木 章太郎

テクニカルプロダクト マーケティングマネージャー 内閣官房IT総合戦略室 政府CIO補佐官

Elastic

ハイライト

システムの動作のトラブルシューティングとデバッグを行う場合、ログにはストーリーの一部しか示されません。 

アプリケーションパフォーマンスモニタリング(APM)と分散トレースは、ログに必要なコンテキストとタイミング情報を提供し、複数のコンポーネントの動作をリンクし、ログに記録されたイベントを可観測性の高いコンテキストとして配置します。 このウェビナーでは、Elastic Stackが、メタデータでログを充実させ、ログをメトリックとトレースにリンクすることで、視覚化と異常検出にどのように役立つかを学びます。

このウェビナーでは、次のことを学びます:  

  • サーバーとコンテナに関するデータでログを充実させる方法
  • ログをメトリック、トレース、および稼働時間データと関連付ける方法
  • ログやメトリックなどのイベントデータを格納するための共通のフィールドセットであるElasticCommonSchemaに関すること全般 
  • Elastic機械学習機能を使用してログを拡張する方法

追加資料:

参加登録フォーム

当日ご都合が合わない場合は、イベント後にご登録いただいたメールアドレスへ録画をお送りいたします。こちらのフォームよりご登録ください。